教師2人の殺人未遂事件、人権委が懸念表明

人権委員会はこのほど、先に労働組合員の教師2人がブキドノンで州殺害されそうになった事件について、懸念を示した。さらに、ミンダナオ島において、専門組織に対する脅迫やハラスメントについても懸念を表明している。

ブキドノン州のバレンシア市では10月15日、マスクを着けた男4人が、教職員の労働組合に加盟する教師2人を銃撃した。教師のうち1人は6発の銃弾を被弾し、重体になった。この教師は現在も入院している。もう一人の教師は銃弾を逃れたという。

(The Manila Times 2019年10月23日)


post in フィリピンの政治/社会ニュース

ニュース検索

ニュース検索ページへ

GO

Related News

飢餓を経験した世帯、第3四半期は減少 社会調査会社ソーシャル・ウェザー・ステーションズ(SWS)はこのほど、2019年第3四半期(7~9月)に飢餓を感じた人の割合が減少したと明らかにした。 S
押収薬物を不法に再利用、大統領が容疑の大佐2人の氏名公表へ ロドリゴ・ドゥテルテ大統領はこのほど、押収した違法薬物を不当に再利用した容疑で、「忍者」警察官2人の氏名を公表する方針だと明らかにした。 大統領は今回、「
情報通信技術省、Wi-Fiスポット整備に12億ペソ投資計画 情報通信技術省は2020年に、Wi-Fiスポットの拡充に12億ペソを投じる計画だ。これを通じ、より多くのフィリピン人が無料でインターネットを利用できるようにする
先住民を反政府組織へ連れ去り、人身取引容疑で2人逮捕 トゥゲガラオの警察はこのほど、フィリピンの先住民37人を連れ去り、反政府活動を行う武装集団に参加させようとしたとして、人身取引の容疑でリクルーター2人を逮捕した