フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

今後10年も石炭は主要エネルギー

格付け大手フィッチ・グループ傘下の市場調査会社フィッチ・ソリューションズは最新の報告書で、石炭が今後10年もフィリピンの主要電源であり続けると明らかにした。政府は、2030年までに国の電力供給に占める石炭シェアを36.9%、2040年には27.3%に削減する方針を示している。

報告書は、エネルギー省のデータに基づき石炭が2029年までにフィリピンのエネルギーミックスの59%を占めると予測しており「石炭は、好調なマクロ経済と人口動態のファンダメンタルズに牽引され、国の電力需要の急増に対応するためのより安価で信頼性の高い選択肢であり続ける」と分析している。

政府は現在、新規の石炭火力発電所の建設を一時凍結しており、今後数年間は新しい石炭生産能力が制限される可能性があるものの、報告書は禁止前に承認された新しいプロジェクトには遡求効果がないことから、その影響はすぐには感じられないと分析している。

Translate »