フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

フィリピン経済の回復、コロナ禍で部分的か

格付け大手フィッチ・グループ傘下の市場調査会社フィッチ・ソリューションズはこのほど、フィリピンは継続的な移動制限により国内消費依存型経済が完全に回復せず、「部分的な回復」にとどまると予測していることを明らかにした。

「1月26日時点で1日平均1700件を超える新型コロナの症例と、変異株の発生により、政府は今後も移動制限を維持しなければならない可能性が高い」として 国内経済の下振れリスクは、新型コロナの新たな急増であるとの見解を示した。

フィリピン政府は1億回分のワクチンを確保したと報告されているが「接種プログラムの展開と参加率は依然として明確ではない」として、経済の脆弱性は2021年まで高いままであるとの見通しを示している。

Translate »