フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

CARSプログラムの期限延長に楽観的=DTI

貿易産業省(DTI)はこのほど、6年間で20万台を現地生産する自動車メーカーを対象とした税制優遇措置「包括的自動車産業振興戦略(CARS)」プログラムについて、条件達成の期限が3年間延長されるとの楽観的見通しを示した。

DTI次官のロドルフォ氏は以前も、CARSプログラムの省庁間グループが3年間の延長を今年6月末までに決定することを推奨すると語っていた 。

DTIによると、現状では、参加企業はまだ目標に達しておらず、三菱自動車のミラージュコンパクトカーを14万3千台、トヨタ自動車はヴィオスを12万8千台、今後さらに生産する必要があるという。

2020年の販売台数は、国内市場シェアの45%を占めるトヨタが 前年比38%減の約10万台、同市場シェアの17%を占める三菱が42%減の3万7千台に急落した。フィリピン自動車製造業者会議所とトラック製造業者協会によると、自動車産業の総販売台数は、前年比39%減の22万4千台であった。

Translate »