フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

比船員の優先ワクチン接種を進める方針

新興感染症に関する省庁間タスクフォースはこのほど、運輸省の推奨に伴い、フィリピン人船員の優先ワクチン接種を進める方針を明らかにした。

船員のワクチン接種の優先順位は従来、B3(その他の必須労働者)またはB5(海外比人労働者)に該当していたが、 この方針によりA4(警官や兵士などの制服組を含む防疫強化措置最前線の必須部門の人員)に位置付けられ、上位4番目の優先グループとなる。

船員の中でも、現役の船員または過去3年以内に海上勤務した船員が最優先され、新船員または2018年以降に海上勤務した船員は次点となるという。

現在、約55万人の船員が現役として登録されており、そのうちの約50万人が海外配備されているという。過去3年間で海外勤務をしていない、約18万人の船員を含めると、合計約 73万人のフィリピン人船員がA4カテゴリーに含まれる予定という。

Translate »