フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

44のESCO事業体がDOEに登録

エネルギー省(DOE)はこのほど、エネルギー効率化や再生エネルギー利用の促進を目的とするESCO事業体が44社登録したことを明らかにした。

ESCO事業とは、エネルギー効率を改善し、顧客の施設の運用および保守コストを削減するプロジェクトを開発、実施および資金調達する企業を指すとされる。

2019年5月に成立した「エネルギー効率保全法」により、DOEは他の政府機関と協力して エネルギー効率の高い技術の使用への投資を促進してきた 。省エネプロジェクトは温室効果ガス排出の大幅削減が期待できるとして、省エネプロジェクトはDOEによって認証され、BOIに登録する必要があるという。さらに対象プロジェクトが投資インセンティブを受けるためには、 BOIの投資優先計画に基づいて各種優遇措置を付与する産業分野に、エネルギー効率化プロジェクトを含める必要があるという。

Translate »