フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

ドゥテルテ比大統領の健康悪化・死亡説 側近・関係者が否定

フィリピンのドゥテルテ大統領が、2週間近く公の場に姿を現さなかったため、死亡説も含めた同大統領の健康悪化がうわさされた問題について、複数の側近および関係者らが否定した。

ドゥテルテ大統領をめぐっては、長女でダバオ市長のサラ・ドゥテルテ・カルピオ氏が、息子などとともにシンガポールに渡航したことが確認されたことから「ドゥテルテ大統領は、軽い発作を起こし、シンガポールに移送された後、死亡した」といったうわさが流れたほか「軍事クーデターが計画されている」とする憶測も呼んだ。

これについて、ドゥテルテ大統領の最側近クリストファー・ゴー上院議員は、自身と健康な状態のドゥテルテ大統領が、マニラ市内の大統領執務室において、政務に従事している写真や動画を公開し「何も心配はない。大統領は執務を続けている」と述べた。  関係者らによると、ドゥテルテ大統領がシンガポールに渡航した事実はないという。

Translate »