フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

ワクチン接種対象を6月7日から拡大、合法な在留資格持つ外国人も対象

フィリピン政府の新型コロナウイルス対策の国家タスクフォース(NTF)は6月2日、同月7日からワクチン優先接種グループA4(経済活動で現場で従事する者、注)へのワクチン投与を開始すると発表した(政府通信社6月2日付)。優先接種グループA4には、具体的に次の者が含まれる。

民間企業の労働者で(在宅勤務ではなく)事業所に出勤して業務を行う者。地方自治体や国営企業を含む政府機関の職員。インフォーマルセクターの労働者あるいは個人事業主、かつ(在宅勤務ではなく)住居の外での労働提供を求められる者、あるいは生計を営む場所で労働提供を行う者。

優先接種グループA4へのワクチン投与の重点地域として、マニラ首都圏、ブラカン州、パンパンガ州、カビテ州、ラグナ州、バタンガス州、リサール州、セブ都市圏、ダバオ都市圏を指定して投与する。これらの地域は人口密度が高く、あるいは経済活動が活発なため、政府は労働者の感染リスクが高いと分析している。

政府はワクチン接種計画で「合法な在留資格を持つ外国人」もワクチン接種の対象と発表した。接種希望者は窓口となる地方自治体での登録が必要だ。なお、6月4日時点で接種可能なワクチンは、シノバック(中国)、アストラゼネカ(英国)、ファイザー(米国)、スプートニクV(ロシア)の4種類。接種を受ける者は、どのワクチンを接種するかは選択できない(政府通信社5月27日付)。 (注)優先接種グループA1は医療関係者、A2は高齢者、A3は併存疾患を有する者。番号が小さいほど優先順位は高い。(JETRO吉田 6月7日)

Translate »