フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

「ワクチン接種か刑務所行きか」 ドゥテルテ大統領

ドゥテルテ大統領はこのほど、マニラ首都圏のいくつかの新型コロナウィルスのワクチン接種会場で接種希望者数が少ないという報告を受け「ワクチンを打たなければ、刑務所に入れる」と述べたと報じられている。大統領は加えて「誤解しないでほしいが、この国は危機的状況にある。国民が政府の言うことを聞かないことに憤りを感じている」と述べたという。大統領の発言は、国民に対してワクチン接種を促す一方で、接種は任意であるとしてきた保健当局の発言と矛盾している。

フィリピンは、これまで130万人以上の感染者と2万3千人以上の死亡者を出している。6月20日の時点で、フィリピン当局は210万人にワクチンを完全に接種しており、1億1千万人の国で今年最大7千万人にワクチンを接種するという政府の目標は遅々として進んでいない。

Translate »