フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

慣れるまでが肝心!フィリピンで床屋体験。

フィリピンではBarber(床屋)文化が広く浸透しています。今回はそのBarber(床屋)のご紹介です。これまで恐くて入店できなかった方もぜひ参考になさってください。

訪れたのは、フィリピン全土に50店舗近く展開するBRUNO’S BARBER。シックで大人っぽい雰囲気の外観に安心感を覚えます。入店したらまず受付でメニューを決めましょう。

完了した時に注文と全く違う髪型になってしまうなんてこともあります。髪型を注文する際には必ずスマートフォンにヘアカタログの画像を保存して見せましょう。側頭部、後頭部までもわかる物が望ましいでしょう。そして、切っている最中もたまに見せると良いでしょう。

切り方も日本とは違うことが多く、大雑把な形を整える為にバリカンでいきなり切っていくことが多いです。また、髪を梳いてボリュームを調整することがあまりないらしく、必要であればこちらから「トリムしてね」と伝える方が良いでしょう。

トリム

 

 

シャンプーでは「ホットウォーターでお願い」と伝えしょう。また、洗髪は地肌を洗うという知識がなさそうです。必要であればスカルプケアのオプションを注文してください。

最後の仕上げでは、濡れた髪にヘアワックスをつけることもあるかもしれません。そのような時には「ドライヤーを使ってね」と言ってください。型がない気まぐれなマッサージを受けて完了です。これで450Php。慣れることが大事です。お気に入りの技術者を見つける頃にはすっかりハマってしまうでしょう。

外観

ワックス

【店舗情報】

店舗・企業名  BRUNO’S BARBER
住所  YL Holdings Building 115 Rufino St. cor Salcedo St. Legaspi Village
電話番号  02-8869-1966
E-mail
WEB
営業時間(日時)  9:00 am – 8:00 pm
カード利用  現金のみ
サービス内容・価格  Cut & Shampoo 450Php
Translate »