フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

ワインの事ならEstate Wine Inc.圧倒的情報と在庫を持ちワイン文化を創る。

IMG_4131

フィリピンでの歴史

1698年創業の英国王室のワインセラーを管理しているBerry Bros. & Rudd社は 今後のフィリピンの成長を見越して現地パートナーを探していた際、現代表の渡辺氏と出会った。フィリピンで外資系バンカーとして勤務していた渡辺氏だったが、Berry Bros. & Rudd社の事業に関心を持ち、フィリピンでのワイン需要の高まりを知ったことで2016年3月にパートナー企業の立ち上げを行った。

事業内容

同社はBerry Bros. & Rudd社が持つ膨大なワインとウィスキーの銘柄をフィリピンに輸入し、ホテルやレストラン、小売店に卸していた。現在は直接購入を希望する個人・企業が増えてきた為、ライセンスを取得し直接販売も行っている。200種以上のセレクションから、顧客の要望に極限まで近づけ納品できる体制を整えている。また、オフィス内テイスティングルームを貸切り、試飲やミーティングルームとして利用することも可能だ。

強み

Berry Bros. & Rudd社は世界に4,000種類、1,000万本のワインの在庫を持ち、徹底した温度管理と配送により高品質なワインを提供することが可能だ。また、代表の渡辺氏はソムリエの資格を持ち豊富な知識を駆使し最適なワインを提案してくれるのだ。現在は定期的にテイスティング会を催し常に新しい気づきをクライアントに提供し続けることで自分好みの1本を見つけ出すことも可能だ。

今後の展望

フィリピンではワイン消費量は酒類のなかでわずか1%ほど。経済成長とともに若いや富裕層のワイン消費量は年々増加傾向にある。70%が都市部で消費されていることもあり、マカティにオフィスを構える同社への需要は益々高まっていく事だろう。今後はBerry Bros. & Rudd社も手がけるウィスキーの取り扱いを増やし、小売にも力を入れていく計画だ。飽くなき探究心をもってフィリピンにワイン文化を広める同社の動向に今後も目が離せない。

IMG_4149

企業名 Estate Wine Inc.
住所 G/F, Republic Glass Building, 196 Salcedo Street, Legaspi Village, Makati City
電話番号/E-mail 02-804-5028 / chiho.watanabe@estatewine.com.ph
役職
名前 渡辺千穂
フィリピン進出日時 2016年3月
業種 ワイン輸入・卸業、小売業
Translate »