フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

創業30年の安心と実績。丁寧・迅速を重視するプロフェッショナル集団。BGCにも支店開設予定。

TOP写真

フィリピンでの歴史

1987年に創業したDAO REALITY CORPORATION。設立の数年前、1985年のマルコス政権化では、政情が不安定でビジネスチャンスはなかなか巡ってくるものではなかった。そんな中親族が不動産のデベロッパーであったため、元々備わっていた不動産の知識活かせることと、資本金もさほど高くなく参入できる不動産業に目をつけ創業した。

事業内容

日本人駐在員向けに、住居とオフィス物件の売買・賃貸仲介とオフィス・店舗改装を請け負っている。同社では幅広いコネクションを持っている為、ブローカーを介さずオーナーからの直取引で物件紹介が可能だ。オーナーへの直接交渉が出来るため、入居者のリクエストが通りやすく、またトラブル時の対応も早い。現在のクライアントは95%が日本人だという。創業当時、知り合った商社勤務の日本人から日本人との信頼構築の仕方を学んだことで信頼関係を大事にする日本人との取引が増えたのだ。

強み

現在30名の従業員が在籍しているが、従業員全員がビジネスオーナーとしてのマインドを持って職務にあたっている。従業員各々に決裁権を持たせ自己判断に委ねているところが大きい為、対応のスピードが早い。また、代表のNino氏は従業員と会社の双方がサクセスフルな関係であることを大事にしている。日本人とフィリピン人の仕事のパフォーマンスの違いは、給与格差が大きいことが理由の一つだと考えている為、同社では日本人とフィリピン人は同等の待遇とし、コミッション制の同業が多いなか給与制を敷き、ボーナスも支給している。これら施策により従業員のモチベーションはUPし、同社のサービスの質は保たれているのだ。

今後の展望

来年はBGCにもオフィスを設立予定だという。不動産仲介業といえばDAO、というポジションを確固たるものにしていきたとNino氏は語る。今後はメトロマニラ圏内において日本人のコミュニティに限定せず取引拡大をしていく計画だ。

official DAO family picture

企業名 DAO REALITY CORPORATION
住所 1506. 15/F Antel Corporate Center, 121 Valero, Makati City
電話番号/E-mail 02-845-3450
役職 President
名前 Nino A. Santos-Ocampo
フィリピン設立時期 1987年
業種 住居、オフィス物件の不動産仲介、オフィス/店舗改装
Translate »