フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

工具、化学品、事務用品スピード、価格、品目、いずれも妥協しない徹底したサービス追求。

フィリピンでの歴史

2002年スービックでの設立を経て、2008年PEZA登録。Kamogawa Laguna Phils., Inc.として日系製造企業を中心に工具、化学品等の消耗品の商社として活躍してきた同社。進出当初、工具、部品、化学品メーカーなどはフィリピン進出が遅れていたため各製造企業は調達に苦労していた。パーツが入手できずに製造機械を停止する企業などもいたという。同社はそこにビジネスチャンスを感じ事業展開を加速していったのだ。

事業内容

現在は、「オレンジブック」などのカタログ製品以外にも自社オリジナル工具などを扱っており、日本で培ってきたコネクションを元に通常輸入より安価に提供できる体制を整えている。パーツ、測定器具、作業着など取り扱う品目は数万にも及び、通常日本国内で入手できる物は同社で調達することが可能なのだ。最近では「アスクル」に掲載される事務用品も取り扱っており、品質の高い製品を安心価格で購入できる。

強み

同社の強みは3つある。1つめは、1300坪の倉庫を本社に併設しているため、定期購入される品目に関しては途切れることなくクライアントに供給することが可能だ。2つめは、日本から毎日空輸便を飛ばしており、在庫がない場合でも注文した翌日にはマニラに製品が届き、配送用トラックも完備していることでスピードをもって製品提供を可能にしている。3つめは毎日の空輸では大量輸送を行っているため通常フィリピンで調達するよりも安価である点だ。

今後の展望

今後は自社の強みを更に強化するためFPIPに建設中の倉庫へ進出する予定だ。これにより周辺顧客へ納期を短縮し、サービス提供の範囲を広げることができる。工業地帯で活躍する日系企業の細かな需要までも満たすためスピード、価格、取り扱い品種の多様性には今後も改善を続ける。今後、進出のための規制緩和も期待されるフィリピンでは同社のようなパートナー企業が益々必要とされるだろう。

KAMOGAWA集合写真

企業名 KAMOGAWA Laguna Philippines, Inc.
住所 Unit C Metrococo Compound, Bldg. 1 Lot 3F/3G American Road, Greenfield Automotive Park, Sta. Rosa City Laguna
電話番号/E-mail 049-508-3912
日本人 : 船窪( フナクボ ) 0918-943-5226
Local : Erwin (エルウィン) 0928-520-1539
役職 President
名前 船窪 崇裕
フィリピン進出日時 2002年6月
業種 工具・化学品、事務用品 等消耗品の輸入、販売
Translate »