フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

板金、曲げ、溶接、塗装、一貫生産体制が強み。小ロット・短納期にも柔軟に対応が可能。

IMG_4322

フィリピンでの歴史

精密板金加工では国内でも有数の実績と技術力を持つ同社は、徹底して技術者の労働環境と育成に力を入れてきた。しかし、国内全体で労働力不足となっている今、今後同社を支えるエンジニアの卵をいかにして確保していくかの過渡期となっていた。社長の須田氏は潤沢な労働力を持つ海外に目を向けることでARIGISの根幹である技術力の維持を図ろうとしたのだ。英語利用率、日本との距離、豊富な労働力等総合的に判断しフィリピンへの進出を決定したのだ。

事業内容

同社は日本国内では多業種の製品を10,000種以上取り扱っており、小ロットからの生産にも対応しいる。板金加工品全般、プラケット類、カバー類、筐体、製造品に至るまで多様な製品を取り扱い、クライアントのニーズに応えるべく開発から試作・量産・設計変更まで柔軟に対応可能となっている。フィリピンにおいても最新鋭の加工設備と、高い技術力を持ったエンジニアにより最適な提案が可能となるのだ。

強み

同社が持つ板金加工の複合機は0.3〜9mmの厚さの金属にも対応することができ、多くのクライアントの要望に応えることが可能だ。板金だけでなく曲げ、溶接などの工程も一貫して対応することができる。さらに日本の生産管理部署や設計部署との連携により小ロット・短納期の発注に応えることができるのだ。日本での実績は偏った業界実績はなく、多くの案件で実績を積んできたことであらゆる製品への対応力を持っていることが同社の強みとなっている。

今後の展望

今後は日本とフィリピンでの法人間での人材交流を通じて、双方の技術力向上に努めていく予定だ。フィリピンにおいては日本人技術者である吉澤氏が常駐することで日本クオリティにこだわった製品提供を行っていく。営業面においてもクライアントの要望を技術者の観点で聞くことができるのだ。今後ますます製造企業の進出が期待されるフィリピンにおいて、精密板金加工分野において同社の果たす役割は大きい。

IMG_4332

企業名 ARIGIS PHILS INC.
住所 Unit7 STARTS RENTAL FACTORY, Lot3-D, Auto Park Ave., Greenfield Automotive Park Barangay Don Jose Sta. Rosa, Laguna
電話番号/E-mail 049-539-3534
役職 President
名前 Koji Suda
フィリピン進出日時 2017年5月
業種 精密板金業(NCT加工、曲げ加工、溶接、塗装)
Translate »