フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

仕組み化により驚異的な出店が続く「大阪たこ焼き」来年は出店100店舗へ

メイン画像

 

フィリピンでの歴史

2015年1月にタクシー、レンタカー、ガソリンスタンド、などを営んでいる RYOAKI GROUPの飲食事業部門として設立された。同年 AKB48招聘イベントで模擬店を出店し大行列、更に日本人会主催のセブ 盆踊り大会でも、3時間半の大行列をTVで取り上げられたことがきっかけとなり、SM モールより声がかかり、 スーカット店にSM1号店を出店。オープンから3 日間行列が途絶えないと言うSM 記録も作った。

事業内容

大阪たこ焼き、現在12店舗。今年中に26店舗がオープン予定だ。 来年、SM全店に及ぶ65ヶ所に出店が決定しており、 更にはRobinson MallやAyala Mallへも来年中に 50店舗ほど出店予定と、一年足らずで 100数十店舗 出店が決定している という。

強み

ここまで驚異的な出店の背景には、①社員の雇用と育成②食材・機材のルート確立③短納期での工事。このいずれも徹底した仕組みを確立できている為だ。社員数は同社単体で600名。グループ全体では1800名に及ぶ。厳しいトレーニングにより社員全員がレシピの把握と料理の再現性を追求し、本場大阪の味を維持している。また、店舗運営ではカスタマーの動向を1週間ごとにモニタリングし、ターゲット別に様々なプロモーションを実施するという細かいマネジメントを行なっている。この結果、客単価800ペソ以上、最低でも1店舗毎月一千万円以上の売上を構築できているのだ。

今後の展望

現在全店直営店として運営をしている大阪たこ焼きは、FC展開も開始し来年以降も出店が加速する予定だという。出店増加に伴い、材料調達も内製化を図っていくのだという。さらに、新しく出来たてメロンパン、クロワッサン、食パンのお店「Melon de Melon」も年内に二店舗同時オープンする予定だ。まだまだ勢いは止まることがない同社の今後の動向に目が離せない。

 

24829072_10214584041935929_446862387_n

 

<企業情報>
企業名 RYOAKI FOODS Inc.
住所 2F & 3F, Cocolife Sucat Building, Dr. A. Santos Ave., Cor. N. Lopez Ave., Parañaque City
URL https://osakatakoyaki.com/
役職 CEO & President
名前 濱田 博昭
設立日時 2015年1月
業種 飲食業
Translate »