フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

創立50周年の長大 民間企業主導による ミンダナオ島での地域開発に注目集まる

IMG_7986

ーフィリピンでの歴史
同社は長年に渡り国内外における多くの長大橋梁の設計など、土木分野を中心に技術サービスを提供する建設コンサルタント、株式会社長大の在フィリピン法人だ。今年創立50周年を迎えた同社は今、成長著しい海外諸国へこれまで培ってきた技術力を展開することで事業成長はもとより進出国の発展の一助となる考えだ。
特に同社が中心となって進めるミンダナオ島北東部ブトゥアン市での民間主導の地域開発事業は日比両国からも注目されている。今後も現地パートナーのエクイパルコ社とツインピーク社との連携により開発を進めていく考えだ。

ー事業内容
ブトゥアン市で展開するプロジェクトは水力・風力・バイオマス発電、上水供給などのインフラ事業の他、稲作・精米事業にエビ・ウナギの養殖などの1次産業、そして工業団地の開発などがある。同社が得意とする公共性の高いインフラ開発をもとに産業創出を図り、面的な開発により都市・地域を創造していく壮大なプロジェクトを手がけている。

ー強み
同社の社員構成は技術者が8割を占め、土木分野における調査計画・設計・施工監理までの建設コンサルティングが主事業だ。このため、内製でプロジェクトの技術評価や設計・施工監理が可能だ。また、現在のブトゥアン市長であるロニー・ラグナダ氏はパートナー企業のエクイパルコ社のCOOであったことから、プロジェクトへの理解も深く官民連携により開発スピードを速めている。

ー今後の展望
ミンダナオ島出身の大統領が誕生しミンダナオ島への投資拡大が今後期待される。同社の10を超えるプロジェクト群は、着実に調査計画から開発段階へ進んでおり各方面からの期待も大きい。同社Presidentの加藤氏は言う。「民間企業主導による地域開発は今後、新しい日比協働の形の成功モデルになり得ます。公共のリソースには制約があり、民間の力が入ることで持続性の高い開発が進み、フィリピンの経済発展に寄与できるのです。」フィリピンの地域開発に正面から挑戦する同社の動向に今後も益々目が離せない。

asiga1

企業名 CHODAI PHILIPPINES CORPORATION
住所 Unit9C, 8 Rockwell, Rockwell Center, Makati City
電話番号/E-mail 02-552-8238
役職 President
名前 加藤 聡
フィリピン進出日時 2011年10月
業種 事業における調査・計画・設計、施工管理、プロジェクトマネジメント、資金調達、EPC、維持管理・運営、物品の輸入・卸売り
Translate »