フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

顧客の仕様に合わせた 照明の開発から販売 製品製造ならFITCへ

元々は藤本電器(株)のフィリピン工場として設立し、SHARPの電子デバイス生産を行っていたが、2015年に藤本電器より独立し、フィリピン法人を設立した。LED照明の開発からスタートし、現在は工場照明の開発から製造・販売を行っている。

同社が製造している製品は幅が広い。取扱製品は大きく分けて7つだ。①LED照明②観葉植物の製造・販売③工場設備・メンテナンスと保守部品の販売④次世代型・高性能コンクリート防水・保護剤⑤電子部品の一般加工・はんだ付けなど⑥板金加工・装飾板金・塗装⑦アルミニュームダイキャスト・押出成形。 これだけ幅広い理由は、顧客から依頼された製品の研究を重ね企画し、製造をするという工程を繰り返しているからだ。同社では、顧客の仕様に合わせた製品企画・製造を柔軟に行っている。

中でも主力製品としては、独自で開発したモデルのLED照明だ。照明にスイッチと機具が一体化しており、尚且つ30㎝単位で長さの調整もでき工場の作業台など狭いスペースでも簡単に設置することができる。また、LEDは発光時間が長い事がメリットだが、最長の期間を使用するには外気温を25度に保つことが条件となる。しかし、工場には25℃以上のところは(特に倉庫)多々あり25℃をクリアすることは難しい。そこで、ファンを搭載した倉庫・高天井用LED照明を開発することで、発光時間を最長期間近く延ばすことができ、顧客は工場の運営費を節約(一般水銀灯の1/5から1/8)することができる。

工場長として長く製造に携わってきた代表の野呂氏だからこそ、顧客のニーズを理解し形にする事が出来る。今使用している製品がもっとこうなれば良くなる。と使い勝手が良く、長持ちする製品開発に余念がない。照明屋からスタートした同社は今後も様々な製品の企画開発を進め、新たな主力製品を生み出していくことだろう。

cez-fun-run-nov-08-2015-2

fitc-2

<企業情報>
企業名 FITC LED LIGHT MANUFACTURING CO. & GENERAL SERVICES CORP.
住所 IPMC 4-B BLDG., Block 18, Phase IV, PEZA, Rosario, Cavite
電話番号 02-519-4360
役職 PRESIDENT/CEO/DESIGNER
名前 野呂 幸宏
フィリピン進出日時 2015年4月(LED照明の開発は2007年12月から)
業種 (主事業)照明器具の企画・開発・製造・販売/各種メンテナンス部品販売(一部製造も可)
Translate »