フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

社会イノベーションを起こす 都市開発からエネルギーマネジメントまで

日立のイメージといえば、日本を代表する重電分野のリーディングカンパニーというところだろう。同社フィリピン支店の挑戦を支店長の清水氏に聞いた。

水力発電所部品製造を発端としてフィリピンに進出したのが1931年。戦後、火力発電所機械の導入やテレビや扇風機の製造などこの国の発展を支えてきた。現地の人からは扇風機のメーカーだと認識している人も少なくない程だ。現在同社のビジネスドメインは2つの柱によって支えられている。それが従来型の電力機器やエレベーターなどの製造と、エネルギーマネジメント、金融サービス、都市開発などのソーシャルイノベーションサービスだ。特にソーシャルイノベーションサービスに関しては、発展著しいフィリピンだからこそ注力している分野だ。

gab_2161

特に需要が高まっている電力分野では、従来の電力に関する考え方が変わってきている。発電だけではなく送電や蓄電など電力使用の最適化が重要視されている。フィリピンでは早くからインフラを民間企業が担っている為今後の伸びしろが期待され、この国の需要に耐えられるシステムを総合的に作り上げている。また、それに伴って近代化する都市そのものを開発できる点も同社の強みである。多くの経験に裏打ちされた技術力と総合力により今後急激な発展が期待されるフィリピンをダイナミックに支えていくことが同社の目指している姿なのである。

同社のこうした高い技術力・総合力を支えているのが世界でも屈指の人材が揃っていることにあるだろう。若手であっても活発に意見を発信できる風土が同社にはあるのだ。こうした風土により人材の成長が促進され、新たな時代のエースが生まれるのである。フィリピンの成長とともに歩む同社の動向に今後も膨らむばかりである。

<基本情報>

企業名 Hitachi Asia Ltd.
住所
名刺等、要確認
Unit8, 11th Floor, Zuellig Building, Makati Avenue corner Paseo de Roxas, Makati City
電話番号 02-886-9018
役職 General Manager
名前 Mitsuhiko Shimizu
Translate »