フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

工場などで長年蓄積した排水管内の 堆積物を日本の技術で綺麗に清掃。

 

 

 

 

 

 

【 事業内容】

同社はPROTEKサービスと言う独自の下水や排水管の清掃及びリハビリテーションを展開しています。

 

過去フィリピンには存在しなかったハイスペックな高圧水洗浄特殊車両やサクション特殊車両を日本でオーダーメイドし保有しており、下水管リハビリ清掃の政府プロジェクトの為、2016年に設立しました。

 

 

現在では民間企業(特にPEZA内にある日系工場)やショッピングモール等からの依頼も増えて来ました。工場内においては工業用排水管はもとより、社員食堂用の排水管には長年蓄積された油脂等の堆積物により機能が低下、石灰化し逆流や様々な弊害を引き起こすことがあります。通常の清掃業者では除去出来ない様ですが、そうした排水管等を最新の機材を使用して調査、洗浄を行う事でクライアントの事業活動を円滑に進める事が可能になります。

 

 

日本から輸入した専用車両で現場の状況に適した施工をおこないます。

 

 

【 競合優位性】

同社の強みは何と言っても他社にはない日本製の専用特殊車両と機材を保有している点にあります。ボロスコープを排水管内に侵入させ目視できる状態で排水管内の詰まりや損傷などを発見する事が出来ます。

 

調査後は高圧水洗浄特殊車両(ジェットクリーナー)、高性能サクション特殊車両を使用して問題を解決。又、セプティックタンクに至っては他社のバキューム車の能力では全てを排出する事は出来ず上澄みだけを排除して終わるのですが、同社はタンク内全てを排出し高圧洗浄します。この様に排水管清掃を行うローカル企業が保有出来ていない、これらの技術力を活かし徹底した作業に好評を頂いているのも頷けます。

 

また、それらを操作する技術者たちは日本で研修を受け日々精度の高い訓練を行っており、安全面に徹底した配慮を行い、複雑な製造施設や商業施設の排水管設備のリハビリテーションを行う事が可能です。目に見えない所だからこそ定期的なメンテナンスを行う事で突発的な故障や事故などを防ぎ、衛生面でも安全を保つ事が出来ます。

 

 

 

【今後の展望】

日系工場などでは設立から長年排水管のメンテナンスを行えず大きな損傷を受けてからの改修になる事が多い様です。

 

しかし高い修繕費の上、工場生産を一時的に停止するなど大変な損害になる事があります。定期的なメンテナンスにより企業設備の寿命を高め衛生環境を整える事が可能です。

 

同社では生活排水管、工業用排水管の様な排水管だけではなくセプティックタンク、グリーストラップ等も徹底的に洗浄することにより中央政府、地方自治体等の政府の監査時にも良い結果をもたらすことになります。

 

また、DENR(環境省)との定期的な打ち合わせにより今後の政府の要望に合わせた施工をする事ができます。

 

検査のみのお問い合わせをして頂く事も可能ですのでお気軽にご連絡をしてださい。

 

 

<企業情報>

企業名 ISHIZAKI CONSTRUCTION AND DEVELOPMENT CORP.
住所 Unit 2602, Tycoon Centre, Pearl Drive, Ortigas Center,
Brgy. San Antonio, Pasig City, Metro Manila, Philippines
電話番号/E-mail 02-8533-1324 / james.suzuki@me.com
役職 Chairman & Excutive Vice President 1行
名前 JAMES N. SUZUKI
設立 2016年7月
業種 建設業、製造業をクライアントとした配管清掃、修繕サービス
Translate »