フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

人材採用・採用代行、人材開発サービスに加え 会員制労務アドバイザリーサービスも開始

 

 

 

【 HRマーケットの現状】

Covid-19は多くの企業にHRの面でも大きな影響を及ぼしました。難しい舵取りを迫られる企業の動きをHRの面を中心にJohn Clements. Recruitment, Inc.  PERSOL PHILIPPINES JAPAN DESKの田渕マネージャーにお話を伺いました。

 

 

Manager 田渕大輔

 

 

 

在フィリピン日系企業の事業活動もCovid-19によるロックダウンの影響で3月以降停滞をしてきましたが、製造業を中心に事業活動が活発化しており、2021年10月の段階ではコロナ前の状況に求人が回復しております。

採用の面では、欠員補充のみではなく、来年の事業を見据えての増員、もしくはこの時期だからこそ通常雇えなかった優秀な人を雇いたいという要望が増えています。また雇用形態は正社員・契約社員のみではなく、事業運営のリスクヘッジを考え多様な形態での採用を実施されております。

人事労務面では、WfHを導入して働く従業員・働かない従業員が、より顕在化したというお話をよく伺います。そのため、各部門の業務内容や評価項目などを改めて整理したい、就業規則のレビューをしてほしいというご相談が増えております。

 

 

【 人材採用サービスについて】

同社では定期的な無料のWEBセミナーにより、現状に即した人事・労務に関する情報の発信を行なっています。情報発信の場を通じてクライアントの更なる課題を抽出し解決策を提案してくれます。採用に関しては、日本人6名体制で迅速に対応を行い事前スクリーニングでクライアントの要望に沿った人材の提案をおこなっています。また企業の面接には同席することで一緒に採用問題の解決をおこなうことも可能です。

 

 

工業団地営業担当 宮田純平

 

 

 

【会員制アドバイザリーサービスについて】

また、同社は会員制労務アドバイザリーサービスをおこなっており、最高裁判例集を元にした労務アドバイザリー、人事関連書類のレビューなどを実施しております。求職者との面談情報を元にした職種別給与統計情報等を定期的に発信できる点は多くの案件に携わってきた同社だからこそのサービスと言えます。

厳しい状況が続くフィリピンですが、来期以降を見据えた企業の動きは徐々に活性化することでしょう。人材こそは事業の礎になるコアな部分ですので、常に相談できるパートナーが身近にいてくれることは心強いと言えます。まずは同社と関係性を築くことで将来の備えとされるのはいかがでしょうか。

 

 

<企業情報>

企業名 John Clements. Recruitment, Inc. PERSOL PHILIPPINES JAPAN DESK
住所 14F LKG Tower, 6801 Ayala Avenue, Makati, Metro Manila, Philippines
電話番号/E-mail 02-8889-5957 / 0917-828-5134 / tabuchi@johnclements.com
役職 Manager
名前 田渕 大輔(Daisuke Tabuchi)
フィリピン進出日時 2017年1月1日
業種 人材紹介、エグゼクティブサーチ、人材開発トレーニング&アセスメント、

人事業務アウトソーシング 他

Translate »