フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

日本の技術で安全確実に消毒除菌・消臭 オフィス、工場、乗り物、キッチンなど

【これまでの歩み】

1972年にRV Marzan Brokerageとして通関・物流業を開始しました。2017年にJ.P. Marzanを立ち上げ、進出日系企業への対応力を高めています。同社は長年の経験によるノウハウと熟練のエンジニアにより、大型クレーンや鉄塔、製造機械など様々な大型貨物の輸出入手続き、輸送、組み立て、据え付けを得意としています。また、最近はコロナ禍により企業が重視している施設・乗り物内の消毒施工も開始しました。今回は需要が高まっている消毒除菌施工についてお伝えします。

 

【サービス内容】

コロナ禍により施設内の消毒除菌を行う企業は増えています。フィリピンの業者では塩素系漂白剤を希釈した次亜塩素酸ナトリウム水を使用するケースが多いのですが、人体への影響としてはあまり良いとは言えません。同社では日本の技術を取り入れ、厚生労働省で食品添加物としても認められている化学物質を一切使わない電解次亜塩素酸水を特殊な機器で生成し、これを使用して消毒・消臭を行います。オフィスや工場、送迎バスなどの乗り物、レストランなど人畜無害な液体を噴霧するため安全に消毒・消臭を行うことが可能です。

 

 

【 サービスの特徴・強み】

日本の厚生労働省でも発表がされている通り、電解次亜塩素酸水は人体や動物に無害なだけでなく、ウイルスや菌などの除去に効果を発揮します。大腸菌や黄色ブドウ球菌、サルモネラ菌、ノロウイルス、コロナウイルスなどにも効果を発揮する優れモノとして知られています。また、同社が使用する噴霧器は日本で特許取得済みのもので10μm以下の霧よりも非常に小さな粒子を噴霧するため、付着菌だけでなく空中浮遊菌にも効果を発揮します。

 

 

【 今後の展望】

厳しい衛生管理にご苦労されている企業は多数ありますが、同社はこうした日本の安全な技術を使ってクライアント従業員の健康を守りながら感染症予防サービスの認知を高めるサービスを展開しています。工場、オフィス、乗り物、レストランなどニューノーマルの中で衛生管理に苦慮されている方々は是非一度ご相談されてはいかがでしょうか。

 

 

 

企業名 J.P. Marzan Project Ventures, Inc.
住所 Pulo-Diezmo Road, Brgy. Cabuyao, Laguna
電話番号/E-mail 02-8520-8913 / 049-832-3923
0917-155-2208(担当:近藤)
役職 Super Visor
名前 近藤
フィリピン進出日時 2017年
業種 大型貨物輸出入手続き、輸送、組み立て、据え付け
Marella Disinfection Systemsによる除菌・消臭施工

 

 

Translate »