フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

JTBフィリピン開設から約1年半。挑戦を続けるJTB

2015年4月にJTBフィリピン開設。フィリピンはアジアの中でも唯一支社を開設していない、いわば空白地帯だった。日本国内は少子化に伴う修学旅行の減少、度重なる天災により日本人の海外旅行も減少している。時代の変化と共に今後は日本国内だけでなく、さらなる海外マーケットの獲得が必要となった。フィリピン人の日本またはその他世界中への旅行のニーズは国力の向上に伴い拡大の一途をたどっている。旅行商品の販売や来比日本人への対応はこれまでは代理店に委託していたが、JTBならではのサービスを追及する為、ここフィリピンに上陸した。開設からまだ1年半程だが、順調に売上を伸ばし昨年の5倍に伸ばしている。

JTBフィリピンの事業の柱は、マイバス主軸の『インバウンド事業』。そして、レジャーとコーポレート、店頭販売からなる『アウトバウンド事業』である。マイバスは国内の様々なレジャースポットを紹介している。レジャーは国外向けの旅行パッケージを販売。コーポレートは、企業の開設、周年式典やインセンティブ旅行を販売、イベント企画から当日の運営管理までのサービスを提供している。日本のホスピタリティとフィリピンの作法を融合し、イベントでもJTBのサービスをご利用いただきたいと考えている。また、今年の8月にはMALL OF ASIAに初の店舗を開店した。SNSを活用する等試行錯誤を繰り返し、現地の方々への認知度を上げていき、今後も店舗を増やしていく予定。フィリピンでは、旅行会社の窓口で『相談しながら旅行プランを決める』スタイルは一般的ではないので、窓口で旅行を相談しながら決める楽しさを知ってもらいたいというのが狙いだ。コミュニケーションを大事にするフィリピンの風土に合った接客を目指している。個人顧客、法人顧客双方にJTBならではのサービスを提供し、フィリピン国内でのマーケットシェアを獲得する為、社員一丸となり日々挑戦は続いている。

014_img_1533

基本情報
社名 JTB ASIA PACIFIC PHIL. CORP.
住所
(初めて訪れる方でもわかるように記載)
Unit 2, 18th Floor, RCBC Savings Bank Corporate Center,
26th & 25th Sts, Bonifacio South, Bonifacio Global City, Taguig
電話番号 +63 (0)2 832 5621 (Direct)
役職 PRESIDENT & GENERAL MANAGER
名前 岡川 知行
Translate »