フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

日本の介護現場とフィリピン人材の架け橋に

  • フィリピンに進出した理由は?

同社はもともと日本で訪問介護事業を行っている企業だが、日本での介護事業の知見を活かし、フィリピン在住のリタイアメント/アクティブシニア層にコンセルジュサービスを行ってきた。マニラではここ最近増えている日本からの介護事業者の視察ツアーの企画や運営を行っている。介護を通じて今後ますます緊密になりつつある日比の橋渡し役としてマニラでの事業強化を図る予定だ。

  • 展開しているサービスの特徴は?

同社のサービスは主に2点ある。1点目はフィリピンでのリタイアメント/アクティブシニアに対してホームケアサービスや生活の困りごとをサポートするコンシェルジュサービスの提供。2点目は今後ますますフィリピン人の介護・看護関連職人材の受け入れが盛んになると予想されていることから、マニラでは、日本の介護・看護関連事業者がフィリピンに視察に来る際に専門的知見を活かした視察ツアーの企画・運営をおこなっている。

  • 御社の強みは何ですか?

2011年に創業以来、日本国内において訪問介護事業を28拠点展開している同社。長い経験から日本国内の介護ビジネスの課題などを熟知している。また、介護の現場を見てきた医療従事経験のあるフィリピン在住の日本人スタッフが対応するため、多角的な視点と専門知識を持って視察介護事業者へ気づきの多いツアー提案が可能となる。同社が掲げる「楽しく」「安全に」「健康に」介護サービスを提供してく理念に基づきツアーを通した情報提供が可能となる。

  • 今後の展望は?

既存サービスであるコンシェルジュサービスの基礎は確立され徐々に認知も高まり、サービス需要も増加してきている。今後はマニラでの介護事業者向け視察ツアーの企画・運営を本格的に展開していく予定だ。高齢化している日本の介護現場においてフィリピン人材は今後更なる重要性を増してくる。官民が一体となって推進する外国人人材受け入れに関しても同社の果たす役割は大きいだろう。同社が架け橋となる日比間での介護ビジネスのサポートによって雇用側、働き手にとって最良の関係性を生み出すことに期待したい。

034_____________

034_2017-01-05-17-46-53

<企業情報>

企業名 Magonote Global Corp.
住所(名刺等、要確認) Phase 2 Commercial 1 Lot 4 Sta. Rosa Heights Subd., Brgy. Puting Kahoy, Silang, Cavite, Philippines 4118
電話番号 0995-976-9319
役職 Nurse Manager
名前 Kanako Katsu
フィリピン進出日時 2015年7月
業種 リタイアメント/アクティブシニアのサポート・コンシェルジュサービス、海外からの介護関連ツアーの運営
Translate »