フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

耐久性に優れた床用塗料を自社工場で調色 少量から短納期でご提供いたします

IMG_5898

ーフィリピンでの歴史
大阪本社水谷ペイント株式会社のフィリピン法人Mizutani Paint Philippines Inc.が今年3月パラニャーケの工業団地に設立された。日本本社は戦後 塗料業界で初めて合成樹脂塗料を開発、1955年には 床用塗料 ボウジンテックスを発売し業界で初めて床の防塵を提唱した歴史のある企業だ。

ー事業内容
最先端のナノテクノロジーを屈指し、産学官の連携によるバイオマス塗料やナノコンボジットエマルジョン樹脂塗料など、次世代塗料の研究開発に勤めている。遮熱塗料や床用塗料にて長年の実績を積み、一般的なエボキシ床だけでなく、帯電防振などの高性能塗料を提供している。床用塗料ボウジンテックスシリーズを軸に顧客の色のご要望に即応するために調色事業をスタートさせた。

ー強み
同社の強みは自社工場で調色を行なっている為、顧客が希望する色の塗料を少量からでも対応しており、しかも短納期で提供している。また、耐衝撃、耐薬品など多くの要求に応えなければならない床用塗料は、耐久性に優れているボウジンテックスシリーズを取り扱っている。塗料の性能は、塗料の原材料となる樹脂の質によって左右されるのだという。同社では樹脂自体を製造している為、高品質の塗料を開発することができるのだ。「遮熱性」などの効果が良い塗料でも、数ヶ月で剥がれてしまっては意味がない。「耐久性がある」という点が塗料においては重要なポイントだ。熱帯、集中豪雨など過酷な環境下であるフィリピンにおいてはこの重要性は高いのである。

ー今後の展開
今後はメンテナンスも含めて、より細かいニーズに対応できるようになりたいと桑野氏は語る。前段にも述べたが、特に環境がシビアな床については、インダストリアルユースで培ってきた床用塗料のスペシャリストとして事業を拡充していくという。また、環境に優しい水系塗料のラインナップも揃っている為、ゆくゆくは現地のサプライヤーに卸し、現地販売を拡販しきたいと語る。

IMG_2906

企業名 MIZUTANI PAINT PHILIPPINES INC.
住所 M. Greenfield Industrial Complex, Km 14 Merville Access Rd, Merville, Parañaque
電話番号/E-mail 02 (809) 1316
役職 General Manager
名前 HIROAKI KUWANO
フィリピン進出日時 2017年3月
業種 建築物用塗料の製造・販売
Translate »