フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

物件取り扱い数No.1! 迅速かつ丁寧な対応で顧客満足を追求。

  • フィリピンに進出した理由は?

日本国内で賃貸、売買事業を東京、大阪で展開している同社代表の和田社長に話を聞いた。「不動産ビジネスは数十年間お客様と関わっていく仕事です。だからこそ永続的な事業成長が必要となります。東南アジア諸国に目を向け各国を視察するなかで、フィリピンを訪れたのが設立のきっかけでした。」と和田氏は言う。フィリピンは英語圏でビジネス展開がしやすく、今後40年の人口ボーナスにより成長性が期待される。需要と共に高まるカスタマー要望のレベルに対して、日本で培ってきたサービスは必ず支持されると考えたのだ。

  • 展開しているサービスの特徴は?

ここフィリピンでは、賃貸仲介、売買仲介を行っている。賃貸仲介では利用者の希望を考慮した物件案内はもとより、借り手の生活スタイルに合わせた提案を行っている。たとえば、家族構成などをもとに生活圏内の周辺環境なども含めて情報提供を行っている。また、売買仲介ではプレセーリングは行わず完成物件のみを販売し、購入者のリスク軽減を最大限こだわっている。不動産取引に関する多岐にわたる質問等に丁寧に対応を行うことで同社が重視する「安心」「安全」を提供しているのだ。

  • 御社の強みは何ですか?

同社不動産サイトは日本人向けとしては最大級の物件数を誇り様々なニーズに応えることが可能だ。また、問合せを受けたら迅速な対応を行うことにもこだわっている。この国に置ける不便さは「情報の不足」と「対応スピード」だと考える同社は、この2点においてはジャパンクオリティを目指している。また、入居後に起きるトラブルにも対応しカスタマーの生活向上を目指している。同社は東京、大阪に窓口があるため日本国内での相談も受けることが可能だ。その他、日本側で円で預かりペソで送金(その日の銀行レートによる)することが可能だ。

  • 今後の展望は?

現在は日本人に対してサービスを行っているが、近い将来フィリピン人カスタマーにまで広げた展開を行っていく。また、更なるサービス力向上のために日本、フィリピン拠点間人事も行っていく予定だ。双方の強みを影響させ合うことで強い組織になっていくことができると考えている。この国での不動産に関する困りごとは山のようにある。フィリピンで同社がこだわる「ジャパンクオリティ」のサービスが体感できるなら、これほど頼りになることはない。同社サービスが今後の不動産探しに大きな変化を生んでくれることに期待したい。

036_rizal-hd-inc-staff

036_3084

<企業情報>

企業名 RIZAL HD INC.
住所(名刺等、要確認) Unit29-D Chatam House116 Valero corner V.A. Rufino Street Salcedo Village, Makati City
電話番号 02-823-2312
役職 代表取締役社長
名前 和田貴充
フィリピン進出日時 2014年4月
業種 不動産仲介業(戸建住宅、コンドミニアム、オフィス・テナント)
Translate »