フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

技術力を基盤にコンピュータ機器リース、UPS販売で飛躍

  • フィリピンに進出した理由は?

2010年2月にフィリピン支社を立ち上げた同社。Han氏が初めてフィリピンを訪れた際、若年層の多さとITマーケットの裾野の広さを感じ直感的に進出を決めた。また、フィリピンには大手競合がまだ存在しないため、同社のコンピュータ機器リース、販売事業が十分受け入れられると考えた。そして、現在では初年度から4倍の売上高となっていることから、当時の決断に間違いはなかったと確信している。

  • 展開しているサービスの特徴は?

メイン事業はコンピュータ周辺機器のレンタルとUPSの販売。日本、台湾、アメリカの大手リース会社との強力なパートナーシップにより多彩な製品群と技術サポートを誇る。現在ではファイナンスおよびコールセンター系のBPOを中心に売上を伸ばしている。また、エンジニアを常に待機させることにより手厚いアフターケアを提供することができることも特徴だ。

  • 御社の強みは何ですか?

豊富な品揃えが同社の強みである。日本人向け言語・キーボードのPCなども取り扱っているが、これは同社が複数国のリース会社とパートナー契約を結んでいることに起因する。

また、アフターケアに関しては24時間以内のレスポンスを可能としている。これらを適正価格で提供することで顧客満足を維持しているのだ。根幹には従業員の成長がある。韓国本社への研修を用意し、エンジニアの技術力やワークマインドの向上を図ってきたことが結実している。

  • 今後の展望は?

これまで日系企業はフィリピンに対して最も投資をしてきた。今後はビジネス面で回収していくことが予想される。同社も日系企業に対して自社サービスを通じて一助となるよう事業強化し共に成長したいと考えている。昨年からはフィリピンにおける再生可能エネルギー事業分野へのITソリューションの導入にも力を入れ始め、わずか2年でこの分野の売上は倍増。強い手応えを感じている。変化激しいこのマーケットで自社の強みを最大限活用し、挑戦し続ける同社の動向に目が離せない。

032_2593

032_snagp-staff

<企業情報>

企業名 SNA Global Philippines, Corp.
住所(名刺等、要確認) 1550 Kalakhang Maynila, Mandaluyoung city Sparta Philippines, 126 pioneer street, Mandaluyoung city
電話番号 02-8356-9033
役職 Branch Manager
名前 Peter HAN
フィリピン進出日時 2010年2月
業種 ソフト、ハードウェア周辺機器レンタル・セールス
Translate »