フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

現地に根ざし、スタッフと共に会社を大きくして行きたい!

TPSC PHILIPPINES CORPORATIONは、東芝プラントシステムの現地法人である。フィリピンでの事業は、20年以上前から工場建設や発電所建設のプロジェクト毎に対応してきたが、更なる事業拡大を目的として、2015年に現地法人を設立した。

設立から1年半を迎え、現在日本人とローカルスタッフ11名の少数精鋭体制で業務に当たっている。

現在、日系企業を中心に営業を展開している。

主に、製造工場向けに工場建屋建設から生産設備・電気設備・空調設備などの建設、更にそれらの設備改修・保守メンテナンス業務を行っている。

特に建設から20年近く経った工場では設備改修や保守点検を主体に事業を展開し、製造ラインの停止を必要最小限に抑えながら点検や改修工事を行うことは、長年の経験と数ある実績がある同社だからこそできる仕事である。

その他、フィリピンの数ある島々における発電所建設の経験が豊富にあり、エンジン発電や太陽光発電の発電所建設も手掛けている。

「フィリピンにおける長年の経験」と「確かな日本品質」が同社の強みだ。ここフィリピンにおける20年以上の施工経験からフィリピンを熟知していること、同社と共に業務を行ってきた協力会社が日本スタイルを熟知しているからだ。

日系企業は全てに日本品質を求められることが多く、要望が高い。だが、それに応えられる体制が同社にはある。勿論、顧客とのやりとりは日本人が対応する為、日系企業の顧客は安心して仕事を任せることができる。また、大規模なプロジェクトは、日本本社と連携して進める為、フィリピン・日本の両面から顧客の要望に応えることができる。

「設立して1年半の未だ小さな会社ですが、ここにいるスタッフは 『自分たちも会社と一緒に成長し、事業を拡大させ、そして会社を大きくしていく』という意欲を持った人たちです。そんなスタッフに支えられ、私もモチベーションを更にあげて前に進んでいきたいと思っています」と代表の永山氏は語る。

今後もローカルスタッフのスキルアップを目的にフィリピン人スタッフと日本側スタッフとの業務交流を行うと共に、いろいろなレクレーションイベントで連帯感向上を図っていく同社。

また、今後の大規模プロジェクトにも備え、フィリピン人スタッフの日本研修も計画的に進めていく。

現地に根ざした事業展開で、顧客の信頼を獲得し続ける会社を目指す同社の今後が楽しみだ。

 

<企業情報>

企業名 TPSC PHILIPPINES CORPORATION
住所  Unit1601, 88 Corporate Center, 141 Valero St., Salcedo Village, 1209 Makati City
電話番号 02-625-5834
役職 Representative & Director
名前 永山 大祐
フィリピン進出日時 2015年6月30日
業種 製造工場の建屋建築から生産設備・電気設備・空調設備・自家発設備等の建設工事及び設備改修・保守メンテナンス、太陽光発電やエンジン発電等の発電所建設工事
Translate »