フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

グローバル時代の子育て / Parenting in the global age

その148 自己肯定感が高い人とナルシシストの違い

ナルシシスト(Narcissist)と自己肯定感が高い人は似て非なるものです。 ナルシシストは自分と周りを比較します。「自分は周りよりも優れ… 続きを読む

その147 甘えと甘やかしの違い

子育てが難しいと感じる親が増えている原因の一つに「甘え」と「甘やかし」の混同があります。この二つは全く異なるものなのですが、はっきりと両者の… 続きを読む

その146 自己主張と自我主張の見分け方

「言うこと聞いたら後でお菓子を買ってあげる」と、子どもを「モノ」で釣ってコントロールしようとする親をよく見かけます。この方法は絶大な効果を発… 続きを読む

その145  子育てと教育を区別する

レストランで子どもが走り回っています。「お店の人に怒られるよ!」「怖いおばさんに怒られるよ」と、子どもを諭す母親の姿をよく見かけます。でも、… 続きを読む

その144 フォニックス学習の注意点

英語の五十音であるフォニックス。フォニックスを覚えれば、たとえ6歳児であっても大人向けの新聞や書籍が読めるようになります。もちろん意味を完全… 続きを読む

その143 日本語と英語の文字学習の違い

英語の「かな五十音」に該当するものがフォニックスです。ひらがなが読めなければ日本語が読めないように、フォニックスを学ばなければ英語を正しい発… 続きを読む

その142 フォニックスを教える

日本でも最近注目されているフォニックス(phonics)は、日本語の「かな五十音」に該当するものです。「A=ア」「B=ブッ」「C=クッ」とア… 続きを読む

その141 フォネミック・アウェアネスを育てる

移民の国アメリカの学校には、世界各国から移り住んできた移民家庭の子どもたちが通ってきます。移民子女の英語力向上に「効果あり」と裏付けられた指… 続きを読む

その140 考える力を育てる

グローバル化、IT化、AI化など、社会構造が大きく変わりつつある現代、子育てする親にも未来を見据える力が求められるようになりました。親が古い… 続きを読む

その139 子どもに選ばせて「個性」を育てる

子どもの洋服や靴や食べ物は親が選んで与えるものだと思っていませんか?もちろん子どもの栄養面や見た目のかわいさなどを配慮して親は選んであげてい… 続きを読む

その138 自分はできる!という自信を育てる

IT技術の発展に伴う社会構造の変化に対応するため、学校教育は大きな転換期を迎えています。一昔前は、英語(国語)、算数、理科、社会など、教科知… 続きを読む

その137 自己肯定感を高めるには?

国立青少年教育振興機構が、日本、韓国、中国、米国の高校生を対象に行なった意識調査(2018)があります。この中で、「私は価値のある人間である… 続きを読む

その136 外国で暮らせば英語ペラペラになりますか?

「外国に住めば子どもはバイリンガルになりますか?」答えは「YESでありNOです」。例をあげてご説明しましょう。   英語を話す力と… 続きを読む

その135 小学生の現地校適応を促すには?

海外転勤で小学生(中学生)になった子どもを連れて海外に引っ越すケースがあります。両親は「バイリンガルに育てよう!」と期待をふくらませる反面、… 続きを読む

その134 クリティカルリーディングとは?

アメリカの学校教育で特徴的なものが、クリティカルリーディングです。クリティカルリーディングを直訳すると「批判的読書」となりますが、その本質は… 続きを読む

その133 日本帰国後も英語力を維持する方法

英語教育のゴールは「リーディング力の育成」です。英語の本がスラスラと読めるようになれば、子どもは読書を通して、自分の力で英語力を限りなく向上… 続きを読む

その132 英語に触れさせるタイミングは?

バイリンガル育児で難しいのが英語に触れさせるタイミングです。英語を身につけてほしいけど、日本語もきちんと育てたい!そう願うのは親として当然で… 続きを読む

その131 移民英語の重点は「読み書き力」の習得

「どうしたら英語が身につくのか?」英語教育に熱心な父兄たちが探し求めている答えは、アメリカの移民英語教育にあります。ご存知の通り、アメリカは… 続きを読む

その130 英語の発音向上にはフォニックス

子どもの英語学習で大切なのが「正しい発音」です。英語の本を早いスピードで流暢に読むには「正しい発音」を身につけなければなりません。読書スピー… 続きを読む

その129 英語力上達の秘訣はインプット

日本人は英語下手な国民と言われます。それを解消するために日本でも小学校3年生から英語の授業が始まっています。しかし年間の35コマ(26時間)… 続きを読む

その128 ボキャブラリーを増やす方法は?

バイリンガルの子どもが英語力と学力を伸ばしていく上で欠かせないものがボキャブラリー(語彙力)です。日本人の子どもが現地校に通い始めるとリーデ… 続きを読む

その127 どう違う、英語の会話力と読書力

子どもをバイリンガルに育てる秘訣は、英語を「話す力」と「読む力」を区別することです。この二つを「英語力」と一緒くたに考えていると、子どもの英… 続きを読む

その126 本の多読で英語力アップ

「子どもに英語の本を読ませてみよう!」そう思っても、何からスタートすれば良いのか分かりません。子どもの年齢、レベル、興味を無視して英語の本を… 続きを読む

その125 サイトワーズでリーディング力アップ!

「the, of, and」を知らない人はいないでしょう。これらは英語の頻出単語であり、サイトワーズ(Sight Words)と呼ばれます。… 続きを読む

その124 国際結婚家庭のバイリンガル子育て

グローバル化の進展に伴い国際結婚カップルが増えています。国際結婚家庭に育つ子どもは自然とバイリンガルになると思われがちですが、異なる文化と価… 続きを読む

その123 駐在員家庭のバイリンガル子育て

駐在などにより期間限定で海外に住むことになった場合、子育ての目標は子どもに「一生使える英語力」を与えることです。2〜3年という限られた期間で… 続きを読む

その122 日本語と英語、どちらが大切?

バイリンガル子育てを実践している家庭が必ずぶつかる問題が、日本語と英語のバランスです。どちらも高いレベルで育てることが理想ですが、どちらかの… 続きを読む

その121 読み書きよりも英会話が大事?

子どもの英語教育を考える時、多くの人は「英会話」を思い浮かべると思います。子どもは英語を吸収する能力が高いから、英会話を習わせておけば英語が… 続きを読む

その119 英語のリーディング力を育てる方法

小学5年生で「英検準1級」に合格したタカシ君。でもタカシ君は帰国子女でなければ、インターナショナルスクールに通っているわけでもありません。タ… 続きを読む

その120 フォニックスの教え方 その3

英語のリーディング力を育てる上で大切なのが「正しい発音」です。英語の本を流暢に読むには、正しい発音を身につけなければいけません。自己流の発音… 続きを読む

その118 フォニックスの教え方 その2

フォニックスは、アルファベットの文字と音の関係を教えるものであり、ゲーム感覚で楽しく教えることが大切です。フォニックスチャート、フォニックス… 続きを読む

その117 フォニックスの教え方 その1

フォニックスとは何か? 日本語の文字学習が「かな五十音」から始まるように、英語のリーディング学習もアルファベットの「文字」と「音」の関係を学… 続きを読む

その116 英語で突き抜けるのは簡単!

2020年から小学5〜6年で英語が正規教科化になります。また英語に親しむ「外国語活動」が小学3年生から導入されます。この改革は日本の英語教育… 続きを読む

その115 ネイティブ発音を身につける

日本語にも地方ごとに通用する方言が存在するように、英語にもアクセント(なまり)が存在します。準英語圏であるインド、シンガポール、マレーシアな… 続きを読む

その114 英語は会話力より読み書き力

グローバル化の進行に伴い日本の学校にも外国人子弟が増えました。都市圏はもちろん、地方の学校にも世界中から日本に移り住んできた外国人子弟が在籍… 続きを読む

その113 リーディング力を育てる順番

小学5年生で「英検準1級」に合格したタカシ君。でもタカシ君は帰国子女でなければ、インターナショナルスクールに通っているわけでもありません。タ… 続きを読む

その112 ネイティブ以上の英語力を身につける!

先日、高校生の時に中国からアメリカに移り住んできた中国人女性と話をする機会がありました。中学校で英語を習い始めたという彼女に「アメリカの高校… 続きを読む

その111 英語上達はコミュニケーション力次第

英語圏で生活する子どもが英語の「会話力」で不自由を感じなくなるには、通常1年〜2年かかります。さらに、学校の授業や宿題で不自由を感じなくなる… 続きを読む

その110 英語は訳さず、英語のまま理解する

英語学習のスタートは、フォニックスとサイトワーズによって簡単な英語を読むことができる状態にすることだと前回のコラムでお伝えしました。 では、… 続きを読む

その109 英語はいつ始めるのは最適か?

英語学習を進めていく上で、問題になるのが「いつ始めるか」です。英語を始める臨海期は、「3歳」「6歳」「10歳」など様々な説があります。 私の… 続きを読む

その108 英会話神話から脱却する!

子どもの英語教育を考える時、多くの人が「英会話」を考えると思います。日本人が苦手とする「英会話」を子どもには身につけさせたい、という考えです… 続きを読む

その107 英語教育を成功させる、たった一つの方法

子どもの英語教育を成功させる唯一無二の方法は「リーディング力の育成」です。いくら英会話が流暢にできても、英語の本を読み解く力が育っていなけれ… 続きを読む

その106 英語力の格差が拡大している!

グローバル化の進行に伴い、世界中で英語の重要性が高まっています。日本、韓国、中国など、英語を主要言語としないアジア諸国においては、子どもたち… 続きを読む

その105 夏休みの過ごし方が「差」をつける!

もうすぐ子どもたちが待ちに待った夏休みです。アメリカの学校は6月初旬から8月まで長い夏休みがあります。日本の夏休みといえば、子どもたちが思い… 続きを読む

Translate »