フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

経済

フィリピン格付けBBBに据え置き

大手格付け機関フィッチ・レーティングスは 、フィリピンの外貨建て長期国債の信用格付けを投資適格級の「BBB」、格付け見通しについては従来の「… 続きを読む

2020年の投資認可額、11%減

ロペス貿易産業相はこのほど、同省傘下の投資委員会(BOI)によって承認された2020年の投資認可額が、1兆ペソに達したものの、前年比11%減… 続きを読む

全国共通の公共交通機関のキャッシュレスシステム導入へ

フィリピン運輸省はこのほど、全国の公共交通機関に非接触型運賃決済システムを導入する方針を明らかにした。同省は「銀行口座を持つ国民の大多数は、… 続きを読む

輸入完成車に対するセーフガード発動へ

貿易産業省(DTI)のロペス長官はこのほど、国内自動車産業を輸入完成車から保護することを目的としてセーフガードを発動する意向を明らかにした。… 続きを読む

2020年1~9月の外国投資認可額は72.8%減

フィリピン統計庁(PSA)は12月10日、2020年1~9月の外国資本の投資認可額が、前年同期比72.8%減の756億3,630万ペソだった… 続きを読む

12月の製造業PMI、49.2と回復基調に陰り

英市場調査会社IHSマークイットによれば、フィリピンの2020年12月の製造業購買管理者指数(PMI)は、前月から1.7ポイント減の49.2… 続きを読む

今後10年も石炭は主要エネルギー

格付け大手フィッチ・グループ傘下の市場調査会社フィッチ・ソリューションズは最新の報告書で、石炭が今後10年もフィリピンの主要電源であり続ける… 続きを読む

インドとデジタル金融協力強化へ

財務省はこのほど、ドミンゲス財務相とクマラン・インド大使が金融およびデジタル技術とインフラ開発の分野における両国間の経済協力について、オンラ… 続きを読む

インフラ支出、コロナ禍の影響を受けて18%減少

予算管理局(DBM)のデータによると 、政府のインフラ関連の支出は、今年10月で571億ペソとなり、前年同月から30.5%減となったことが明… 続きを読む

GDP、マイナス8.5%へ下方修正、ADB予測

アジア開発銀行(ADB)はこのほど、フィリピン国内総生産(GDP)が通年でマイナス8.5%となる予測を明らかにした。 これは9月時点予測のマ… 続きを読む

企業の景況感が改善、中銀

フィリピン中央銀行(BSP)の調査によると、 消費者信頼感の見通しは次の四半期に向けて好転し、より多くの人々と企業が次の12か月間楽観的であ… 続きを読む

預金準備率代替措置の上限を設定、中銀

フィリピン中央銀行(BSP)はこのほど、金融機関が中小零細企業への融資を実行することで、預金準備率への代替コンプライアンスとみなされる救援措… 続きを読む

国際収支予測を上方修正、中銀

フィリピン中央銀行(BSP)は、今年と来年の国際収支予測を引き上げたことを明らかにした。主な要因は、コロナ禍の影響が長引く中、第3四半期の経… 続きを読む

投資誘致の5重点分野を発表、銅鉱山の開発など推進

フィリピン貿易産業省(DTI)と投資委員会(BOI)は11月24日、同国への新しい投資誘致キャンペーン「メーク・イット・ハプン・イン・ザ・フ… 続きを読む

昇給率、2021年は5.6%増か

米・人事コンサルティング会社マーサーはこのほど、2020年の総報酬サーベイの結果を発表し、フィリピン企業の2021年平均昇給率が5.6%増と… 続きを読む

年内の政府支出強化を指示、財務相

ドミンゲス財務相はこのほど、各政府機関に対して当初の支出計画と現状の執行実績の差を埋めるため、支出の強化を指示したという。対象となるのは 公… 続きを読む

膨らむ公的債務、今年10ヶ月で前年比300%増

財務局のデータによると10月の政府借入は6,632億ペソとなり、前年比12倍へと急増したという。このうち96%が国内調達分で、690億ペソの… 続きを読む

2022年の製品・サービス輸出額1千億ドルと予測、目標に到達しない見込み

フィリピン輸出業者連盟(Philexport)はこのほど、2022年の製品・サービス輸出額が1千億ドルとなる見込みで、政府の輸出開発計画(P… 続きを読む

11月のインフレ率、台風の影響等で微増か

フィリピン中央銀行(BSP)のジョクノ総裁はこのほど 、原油高と台風による作物被害により、11月のインフレ率は2.4%から3.2%の間で落ち… 続きを読む

PEZA 投資認可額の目標到達か

フィリピン経済区庁(PEZA)はこのほど、年末までに年間目標である1千億ペソを超える投資計画を承認する予定であることを明らかにした。PEZA… 続きを読む

住宅価格と賃料水準は2021年に回復するも、マカティは上昇鈍化か

中国の不動産大手ジュワイIQI はこのほど、国内の住宅価格と賃料は全国的に2021年までに回復基調となるものの、マニラ首都圏マカティ市では長… 続きを読む

RCEPの効果、フィリピン経済界の見解は分かれる

フィリピンのラモン・ロペス貿易産業相は11月15日、第4回東アジア地域包括的経済連携(RCEP)首脳会議に参加し、RCEP協定に署名した。R… 続きを読む

2020年7〜9月のGDP成長率はマイナス11.5%

フィリピン統計庁(PSA)は11月10日、2020年第3四半期(7~9月)の実質GDP成長率をマイナス11.5%と発表した。第2四半期の成長… 続きを読む

BPO産業、2022年までの成長率予測を下方修正

ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)業界団体(IBPAP)は、2022年までの成長率予測を下方修正した。修正された2022年の年平… 続きを読む

中小企業向けのコロナ融資制度の活用、十分になされず

ディー国会議員は、中小零細企業向けの低金利融資制度が十分に活用されておらず、現時点での融資額は総額100億ペソのうち、12億ペソにとどまって… 続きを読む

財務省、農業への金融支援強化を表明

フィリピン財務省(DOF)のカルロス・ドミンゲス大臣は11月4日、同国の農業を生産性の高い成長分野へと変えるために、地方金融機関が主導して農… 続きを読む

今年10ヶ月間のPEZA投資認可額、前年比 25%減

フィリピン経済区庁(PEZA)はこのほど、今年10ヶ月間の投資認可額が、726億ペソとなり、前年同期比で約25%減となった明らかにした。認可… 続きを読む

9月のOFW送金額、9.3%増と好転

フィリピン中央銀行によれば、9月のフィリピン人海外労働者(OFW)によるフィリピンへの銀行間送金額は昨年同月比9.3%増となり、過去2年半で… 続きを読む

RCEPが貿易促進を後押し、専門家

ラモン貿易産業相はこのほど、オンライン形式で開かれた会合で東アジア地域包括的経済連携(RCEP)に署名した。同相はRCEPへの加盟が「フィリ… 続きを読む

ムーディーズ、フィリピンの2021年GDP成長率を6.2%に下方修正

米格付け会社ムーディーズの調査部門であるムーディーズ・アナリティックスは、フィリピンの2021年の国内総生産(GDP)成長率見通しを、従来の… 続きを読む

インフラ24案件、 政府が年内に承認する見通し

政府は、看板政策の大規模インフラ整備計画「ビルド・ビルド・ビルド」の優先インフラ案件のうち、棚上げとなっていた24案件を年内にも承認する見込… 続きを読む

第3四半期のインフレ率2.5%、政府目標の範囲内に

フィリピン中央銀行(BSP)は10月29日、「インフレーション・レポート」で、2020年第3四半期の消費者物価指数(CPI、総合指数)の上昇… 続きを読む

石炭火力発電新設の禁止は再エネ投資を生む、米エネ研究所

米エネルギー経済・財務分析研究所(IEEFA)の報告書によれば、エネルギー省による今般の石炭火力発電所新設禁止政策は、 電源構成比率における… 続きを読む

世銀、今年のOFW送金額は前年比5%減と予測

世界銀行によれば、フィリピン人海外労働者(OFW)によるフィリピンへの送金額が、ほとんどのOFW受け入れ国における経済成長と雇用の伸び悩みか… 続きを読む

モールのテナント空室率、アジア通貨危機のレベルに近づく

米系不動産サービス大手コリアーズ・インターナショナル・フィリピンは、モール内のテナント空室率が2021年まで引き続き下落し、アジア経済危機以… 続きを読む

エネルギー相、南シナ海での資源開発に地場・外資企業が強い関心

クシ・エネルギー相はこのほど、地場及び外資企業が南シナ海(フィリピン名:西フィリピン海)における資源開発に大きな関心を示していることを明らか… 続きを読む

観光再開を受けて、航空会社も恩恵を期待

国内航空会社は、フィリピン人の必要不可欠ではない海外渡航規制の解除と、旅行代理店やツアー会社の営業再開に伴って、航空機の需要回復への期待を高… 続きを読む

合成樹脂製品へのセーフガード発動を検討

フィリピン貿易産業省(DTI)は9月4日、合成樹脂製品に対するセーフガード(緊急輸入制限)発動に向けた、予備調査を開始したことを公告した。同… 続きを読む

1人当たりGDP、20年はベトナムに初めて抜かれる

国際通貨基金(IMF)はこのほど、フィリピンの1人当たり国内総生産(GDP)は2020年に3,372.53米ドルとなるとの見通しを示した。こ… 続きを読む

9月の自動車販売台数、前年同月から22.9%のマイナスに

フィリピン自動車工業会(CAMPI)とトラック製造業者協会(TMA)はこのほど、2020年9月のフィリピンの自動車販売台数は2万4,523台… 続きを読む

Translate »