フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

手遊びうたで 生活の基礎を身につけよう★

昔から、家庭や保育園・幼稚園など、子どもとふれあう時間には手遊びうたが多く取り入れられています。手遊びうたは、リズム感・模倣力・集中力・想像力を養います。さらに、歌に合わせて親子や友達で触れ合い、同じ動きを共有することで安心感や親しみの気持ちを生み出すことにつながるとも言われています。また、手遊びうたの中には、生活の基礎に関する歌詞や動きがたくさんあるので、生活への興味を持つきっかけとなったり、言葉の習得を促す効果が期待できます。今回のコラムでは、数多くの手遊びうたの中から、生活習慣に、より親しみを持てるような歌をご紹介します!

 

 

【「食」に関する歌】

■カレーライスのうた
(作詞:ともろぎゆきお/作曲:峯 陽)
カレーライスという料理がどのような材料でできているのか、またその調理手順も知ることができます。親子で輪唱して楽しく歌える歌です。

 

■ごはんハンハン
(作詞作曲:ケロポンズ)
2015年の「世界食糧デー」に合わせて『食べる、を考える歌』として制作された楽曲です。ある幼稚園で、同楽曲を昼食前に1週間踊りながら歌い続けたことで、「好き嫌いが減った」という実験結果も出ており、楽しく食への関心を高めてくれることでしょう。

 

 

 

【手洗いに関する歌】

 

■あわあわ手あらいのうた
(作詞:伊藤みゆき/作曲:川嶋可能)
手洗いの基本動作を「おねがいのポーズ」「カメのポーズ」など、子どももマネしやすい言葉で表現されています。短く、覚えやすいメロディとなっているので、ぜひ親子で覚えて、手洗いの時に口ずさみたい一曲です♪

 

 

【着替えに関する歌】

■へんしん!おでかけマン
(作詞作曲:ササキトモコ)
子育て世代に人気の歯磨き動画「はみがきのうた」をつくった姉妹クリエーター『東京ハイジ』をご存知でしょうか。この2人組が手掛けた本楽曲では「お出かけしたい子だれ?」や「右手さん」などの呼びかけが使われているため、子どもも自然と歌の世界に入り込みやすく、楽しく歌っていたらお着換えが完了してしまう、パパママにも嬉しい歌です。

 

 

筆者も、息子が園で習ってきたお片付けの歌を一緒に歌いながら整理整頓を促すと、あっという間におもちゃを片づけてくれることがあり、歌の効果を実感しています。様々な手遊びうたを活用することで生活への興味を深めたり、子どものやる気スイッチがオンになるきっかけとなるといいですね。
次回も、親子におすすめの手遊びうた第二弾をご紹介するので、ぜひお楽しみに★(東浦 友美)

 

〈参考文献〉山里 章子.幼児が表現し、つながる楽しさを味わうための環境構成と援助の工夫~こころの触れ合うわらべうたや手遊びうたを通して~(2017年)

 

 

 

 

 

Instagram:ikusapo.manila

facebook:いくさぽマニラ

私たち「いくさぽ(育児サポート)マニラ」は、マニラに住むママ&パパが、楽しく安心して子育てをできるよう、お手伝いをすることをモットーとする団体です。マニラで入手できる食材、子ども達の遊び場、学校情報等、皆様に役立つ情報を配信してゆきます。

Translate »