フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

読書の秋!オンラインで探す、 おすすめ絵本特集

新しい絵本との出会いは、好奇心を高めてくれる歓びの瞬間です。フィリピンでは日本語の絵本を見つけることは容易ではありませんが、そんな時オンライン(電子書籍)の活用が、より自由に、そして多くの絵本に出会うチャンスを増やしてくれます。子どもと一緒に楽しむオンライン読書の秋を、満喫してみてはいかがでしょうか。 (團 枝里子)

 

 

 

 「パンダおやこたいそう」
(いりやまさとし著/Kindle価格:880円)

 

パンダの親子が一緒に体操をする絵本です。体を動かすコツを、様々な「モノ」に例えて表現しています。体をグ~ンと上に伸ばす「たけのこの体操」、親と子のおしりをポンッと突き合わせる「さくらんぼの体操」、思いっきりジャンプして体を開放する「はなびの体操」など、愛らしいパンダ親子の挿絵を交えつつ、楽しく実践できる体操を紹介しています。筆者の2歳の息子は、絵本の中の動物達と体を動かすことが大好きです。動物の動きをマネる子どもの姿は愛らしく、また子どもにとって、親と一緒に体操するのは楽しいひと時です。読み聞かせるだけでなく、体操を通じて親子のコミュニケーションを促す「パンダおやこたいそう」を、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

 

 

「まいごのたまご」
(アレックス・ラティマー作 聞かせ屋。けいたろう訳/Kindle価格:1436円)

 

恐竜のたまごが迷子になっちゃった!両親とはぐれてしまって、自分がどんな恐竜のたまごかも分からなくなってしまった「たまご」が、様々な恐竜との出会いを通じて、自分が何者かを探し出す物語です。恐竜たちは「たまご」との会話を通じて、「たまご」の帰るべき場所を一緒に探してあげます。ブラキオサウルスにティラノサウルス、ステゴサウルスといった、子どもたちが大好きな恐竜のスター選手ともいえる面々が登場します。「たまご」が家族の元に戻れるように彼らが助け、送り届けてあげるまでを綴った、コミカルながら心温まる絵本です。

 

 

 

 

 「うまくいかないそんなひは」

(やまわきゆたか著/Kindle価格:無料)

 

「うまくいかない そんなひは」ではじまる、シンプルな言葉の数々で綴られた絵本です。うまくいかないそんなひは、ほんの少し視点を変えたり、周りに助けを求めてみてはどう?とシンプルなことばとイラストが、しっとりと心に響きます。優しい言葉の処方箋が、慌ただしく生きる私達に、そっと寄り添ってくれると感じられるでしょう。大人も子どもも、毎日たくさんのことを考えたり感じたりして過ごす中、この絵本は、肩の力をふっと抜く手助けをしてくれるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

Instagram:ikusapo.manila

facebook:いくさぽマニラ

私たち「いくさぽ(育児サポート)マニラ」は、マニラに住むママ&パパが、楽しく安心して子育てをできるよう、お手伝いをすることをモットーとする団体です。マニラで入手できる食材、子ども達の遊び場、学校情報等、皆様に役立つ情報を配信してゆきます。

Translate »