フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

建築、土木、設備に関する 設計、施工、設置のプロフェッショナル

 

 

【 フィリピン進出と現在の展開】

同社は2003年にPCABライセンスNo・34861︲category Bで建築・土木・設備の設計・施工会社としてフィリピンで設立されました。経験豊富で熟練した日本人技術者がヘッドディレクターを務め、日系企業の厳しい監査基準に対応した体制を整えています。設計・施工のプロとして建築、土木に関するアドバイザリーまでをおこなっています。日本人エンジニアが打合せの段階から技術的観点で相談に対応しますので多くの日系企業が同社を利用しています。

 

 

【 事業内容】

同社は建築・土木・設備・内装までをおこなっております。工場などの建屋施工、40N/平方ミリメートルー50N/平方ミリメートルの機械基礎、主要構造物、高強度コンクリートの打設、屋内クレーンの製作、工作機械などの設置や事業所オフィスの内装も行っており、クライアントの課題をトータルに提案することが可能です。これまで大手日系企業の厳しい施工基準、安全基準に適応した実績が多数あり、安心してご利用いただけるでしょう。

 

 

 

 

 

【強み】

フィリピンには工事を進める上で日本人では想定しづらい特有の規制や障壁が多数存在します。何かと不都合なことが発生するフィリピンにおいて、同社はこれまでの知見とコネクションをフル活用し、安全な工事、品質と納期に徹底してこだわることで信頼を得てきました。日本での建築・土木経験があるエンジニアが2名在籍しておりますので、日系企業担当者の高い要望を実現するよう進行していけることが強みと言えるでしょう。

 

 

 

 

 

【今後の展望】

2020年のコロナ禍では多くの企業が建設計画の見直しなどを余儀なくされました。2021年に入り、その反動もあって多くの建設・土木案件が動き始めています。また、現政権下のインフラ事業なども活発化しており、今後ますますフィリピンでの建設・土木需要は高まっていきます。同社においても安全管理の徹底、品質の維持、納期の順守を徹底しクライアント満足度の高いサービス提供をしていくことをヘッドディレクターの多田氏は強調します。今後のフィリピンの発展にも寄与するであろう同社の活躍に今後も目が離せません。

 

 

 

 

 

 

<企業情報>

企業名 North Valley Engineering Services(NVES)
住所 103 Brain Train Building Center, Lot 11, Block 3, Sta. Rosa Business Park, Greenfield, Brgy. Don Jose, Sta. Rosa City, Laguna, Philippines
電話番号/E-mail  049-508-3054(代表)
0917-678-7379 / mtadanves2002@gmail.com(多田)
0977-830-0818 / nves.fujishita@yahoo.com(藤下)
役職 Heard Director
名前 多田 昌則 (Mr.)Masanori Tada
フィリピン進出日時 2003年
業種 建築・土木・設備・屋内クレーンの設計・施工・設置、内装施工

 

Translate »