フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

デブ習慣 vs 痩せ習慣のコピー

体型は全て習慣で決まります。あなたの今のカラダは、今あなたが行っている習慣によって成り立っています。まさにカラダは自分の生活を映し出す鏡なのです。
自分の体型を諦めてしまい、だらしないカラダで居続けることは、生活習慣がだらしないことを周知しているようなものです。人は見かけによらないと言いますが、習慣に関してはカラダを見ただけで分かります。
さらに良い習慣によって形成されたカラダには健全な精神が宿るものです。逆に言うと習慣さえ変えてしまえばカラダを変えることは簡単と言うことです。

 

 

 

今回は、デブ習慣と痩せ習慣の違いを紹介しますので、自分の生活習慣がどちらに当てはまるか当てはめてみて下さい。

 

まず、8つのデブ習慣です。
①朝ごはんを食べない。
②歩かない。
③体重の数字に一喜一憂する。
④睡眠が7時間以下。
⑤ダイエットはすぐ効果が出ると思っている。
⑥食べる時間がバラバラ。⑦なんとなく糖質を抜く⑧腸内環境が悪い

 

次に、8つの痩せ習慣です。
①とにかく歩く。
②最低3㍑水を飲む。
③朝ごはんを食べる前に汗をかく。
④何も食べない時間を12時間作る。
⑤食物繊維を積極的にとる。
⑥筋トレをする。
⑦糖質をしっかり摂る。
⑧寝る3時間前に夕食を終える。

 

デブ習慣が5つ以上当てはまる人は、生涯デブへの道にどっぷり浸かっているので要注意です。一つずつでも良いので、痩せ習慣を身に着けるように行動しましょう。
いっぺんに全部やると確実に心が折れて続かないので、1週間ごとに新しい習慣にチャレンジしていき、7日間の内、5日その習慣を続けられたら次の習慣を足していきましょう。この方法だと、進むペースは遅いものの確実に習慣を習得できカラダは変わっていきます。
いらない服は気に入らなかったら着なくて済みますが、カラダはそうはいきません。今まで気になってはいるけど放ったらかしにしていたカラダに、今一度目を向けてあげてください。一つひとつ習慣を身につけていったその先からは、きっと今まで見えなかった景色が広がっているはずです。

 

 

 

      ポギ金子

      BGCのセレンドラにあるパーソナルジム『ORANGE FITNESS CLUB』で

     トレーナーとして 活動。

     日本とは異なった環境でのダイエットやボディメイクの指導を行っている。

Translate »