フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

モテたくて筋トレ初めてカラダ変わっても結果モテない

今回は『モテたくて筋トレ始めてカラダ変わっても結果モテない』というだいぶスペシフィックなお題についてお話しします。

 

想像してみてください。あなたはトレーニング初心者。モテたくてカラダを変えようと思いパーソナルジムに通いはじめます。そしてトレーナーにこう言われます。『カラダを変えるなら食事を変えてください』と。そしてあなたは、今までただ何となく食べ物を口の中に入れていた食生活を見直します。そしてどんどんトレーニングで扱える重量、できるトレーニングの種類が増えていき楽しくなってきます。ジムに通い始めて2ヶ月経つ頃に何となくカラダが引き締まってきていることに気づきます。そしてあなたはこう思います。『ちゃんとやったことに結果がついてくる感覚がたまらなく嬉しい』。この感覚を味わってしまうとボディメイクを辞めることはできません。

 

そうすると次に、こんなカラダになりたいと何となく憧れていたカラダに対し現実味が帯びてきて、自分の理想のカラダを追求するようになります。そうして食事の管理、ジム通いが完全に習慣化されて、いつもお弁当を持ち歩くジムに通っている人というキャラが定着します。そして周りの人にこう言われます。『あなたってすごいよね。毎回お弁当持って、トレーニングも欠かさず頑張っているし』と。でもあなたは心の中でこう思います。『全然頑張っているつもりないんだけどな。楽しいからやっているだけだし』。

 

 

 

 

ある日、友達からあなたにこんな話が舞い込んできます。『今度俺の彼女の友達を紹介したいから一緒にご飯行こう』と。フリーのあなたを気遣ってのお誘い。でもあなたはなぜか乗り気になれない自分にうっすら疑問を抱きつつ当日を迎えます。人気のイタリアレストランの席についた4人は食事をオーダーします。何やら彼女とその友達はこの店の人気のピザに興奮気味のよう。そしてピザがテーブルに運ばれてくると自分を除く3人は美味しそうに食べます。ピザに手をつけないあなたに対し彼女とその友達はあなたに言います、『食べないの?』と。あなたはこう答えます。『今日は家でご飯食べてきたからピザはいらない。今ダイエットしてるからピザは食べれないし』。完全に引き気味で目の前の2人は『へーすごいねー』と気遣ってくれます。そしてあなたはふと時計に目をやりジムに行く時間だと気づき一人席を立ちその場を後にします。そしてジムに向かいながら『俺って何でこんなこと始めたんだっけ?』とふと疑問に思いますが、その頃にはモテたいなどというきっかけは忘れ去られているのでした。

 

とまあ大袈裟に例えましたが、少なからずこのような現象が起きます(笑)。簡単にいうと他人からどう思われたいかという欲のベクトルが自分に向くわけですね!人に左右されなくなるので人生を楽しく感じられるし、ラクに生きられます。なので筋トレ始めましょう!

 

 

 

 

 ポギ金子

 BGCのセレンドラにあるパーソナルジム『ORANGE FITNESS CLUB』でトレーナーとして 活動。

日本とは異なった環境でのダイエットやボディメイクの指導を行っている。

Translate »