フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

お酒飲みながらダイエットできる!?

痩せるために、ビールをハイボールに変えた。焼酎しか飲まない。よく聞く話です。ですがアルコールそのものにカロリーがあると聞いたことはありませんか?

 

最近フィリピンでも販売されている日本のストロングゼロの缶にも、ゼロと謳っているにもかかわらずカロリー表記がされています。これはアルコールに含まれているカロリーのことです。それならウイスキーや焼酎などの糖質が含まれていない蒸留酒にお酒を置き換えても、カロリーがあるので太るのではないか?という疑問が出てきますが、蒸留酒では太りません。

 

 

 

理由はカロリーには種類があり、アルコールのカロリーはエンプティーカロリーと呼ばれ、栄養素が含まれていません。どういうことかというと、摂取するとすぐに熱として代謝されるのでカラダに蓄積されないのです。ここが糖質から摂取するカロリーとの違いで、糖質からのカロリーは、エネルギーとして使われなかった分をカラダは脂肪として蓄積します。

 

ではなぜダイエットにお酒はあまりよくないという情報が出回っているのか?冒頭で説明したようにアルコールは摂取すると即座にカラダの中で代謝されます。お酒を摂ると顔がほてったり体温が上がるのはそのためです。お酒を飲んだ瞬間から、摂取したものをエネルギーとして代謝するカラダの機能を、全てアルコールを代謝するために奪われてしまうのです。

 

お酒を飲む時に何も食べないなんて状況は少ないでしょうから、このタイミングで食べたものは、エネルギーとして消費されずに全てカラダに蓄積されます。もし何も食べずに糖質の含まれていないお酒を飲んだとしても、人間のカラダは常にエネルギーを代謝しながら生きているので、その代謝機能もアルコールに奪われ脂肪燃焼はストップします。

 

またその時間がアルコールを摂取したタイミングから4時間と言われています。まとめると、お酒を飲むと、飲んだタイミングから4時間『太りやすく、痩せない』ということになります。

 

ではお酒は飲まない方がいいのか?いえ、飲みましょう。脂肪燃焼が止まる4時間よりも、仲間と楽しく過ごす4時間の方がよっぽど大事です。このアルコールに代謝機能が奪われるのは、量は関係ありません。ですので、飲むのであれば毎日のちょい飲みよりも週1〜2のガツ飲みの方がダイエットに向いていると私は思います。ただガツ飲みすると酔いで判断能力が鈍り、ガツ食べしてしまう副作用があるのでお気をつけください(笑)。

 

 

 

 

      ポギ金子

      BGCのセレンドラにあるパーソナルジム『ORANGE FITNESS CLUB』で

     トレーナーとして 活動。

     日本とは異なった環境でのダイエットやボディメイクの指導を行っている。

Translate »