フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

ジグザグダイエット

ここでダイエットあるあるを1つ。

 

『よし明日からダイエットを始めるぞ!まず糖質の量を減らして、揚げ物も食べない!お酒もビールはやめて糖質の無いハイボールに切り替え!ジムに行って筋トレもするし、できるだけ歩こう!』

 

〜1週間後〜『お!体重が2kgも落ちた!このペースで行けば今月で8㌕も落とせるぞ!ダイエット楽しくなってきた!』

 

〜2週間後〜『あれ、体重が前回からほとんど変わらないぞ。食事も摂生してるし、運動も続けてるのに。なんでこんな頑張ってるのに減らないんだろう。なんか楽しくなくなってきたなあ』

 

〜3週間後〜『あれ、お前ビール飲んでるし揚げ物も食べてるじゃん?ダイエットしてたんじゃ?』『いいんだよ!どうせやっても結果でないし、無駄な努力だったよ。もうやーめた!』

 

と、まあこんな感じの流れでダイエットが失敗に終わってしまうケースがほんっとに多い!

 

 

 

 

こうなる理由は大きく分けて2つあります。

1つは、体重が早く落ちると期待してしまっていること。体重なんて、ましてや体脂肪なんて1週間で多くて500g、チマチマ落としていくものです。最初に数キロスコンと落ちるのは、糖質を制限することで体内から水分が排出されるためです。最初に落ちた数キロのペースでこの先も落ちて行くと考えていれば、後に必ず落ちないことがストレスとなり嫌になります。

 

ダイエットも恋愛も同じで、相手に過度に期待しないことが成功の鍵です。独身の身で恋愛に例えたこと、先にお詫び申し上げます。

もう1つの要因は、解剖学用語で言うと『恒常性』という作用のせいです。これは何かというと、カラダに変化を与えようとすると、本能的にその環境を生き抜こうとして、元に戻ろうとする作用が働きます。例えば、食べる量を減らし運動量を増やすと、軽い飢餓状態が体内で発生します。すると体は、動くためのエネルギーが必要なのにエネルギーが入ってこないことにより、余分にエネルギーを消費する筋肉を減らし、脂肪を溜め込もうとします。どんどん痩せにくく太りやすいカラダになるのです。

 

ではどうすればいいのか?この解決法が『ジグザグダイエット』です。

例えば自分の目標体重を毎週設定します。この設定値はできるだけ優し目に。(2ヶ月で5kg落とすくらいのペース)毎週この目標をクリアできれば1日だけなんでも好きなものを食べます。すると一時的に体重は増えますが、その翌日から食事を戻せば体重は落ちていきます。ジグザグなグラフを描きながら体重が落ちていくというわけです。

 

カラダは定期的に入ってくるエネルギーによって恒常性も働きにくいので、ちゃんと体重も減ります。何よりストレスが少ないので是非1度ダイエットに取り入れてみてください。

 

 

 

 

 

      ポギ金子

      BGCのセレンドラにあるパーソナルジム『ORANGE FITNESS CLUB』で

     トレーナーとして 活動。

     日本とは異なった環境でのダイエットやボディメイクの指導を行っている

Translate »