フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

いい夫婦は顔が似てくる

一見フィットネスに何も関係無いように思えるタイトルですが、実は大きく関係しています。いい夫婦や長い時間を共に過ごす友人は顔が似てくると言いますが、コレには『表情筋』と呼ばれる顔の筋肉が関係しています。

 

コレはボクの持論ですが、仲の良い一番の要因は『笑うポイントが同じ』ということだと思います。顔も筋肉によって形成されているので、長い期間を共に過ごす中で表情筋を動かすタイミングが同じであると、その環境に順応して変化していきます。その結果、だんだん表情が似てくるのだと思います。ここまで書きながらどうフィットネスに繋げようかと考えていますが(笑)

 

 

 

 

つまり何が言いたいのかと言うと、何歳になっても環境しだいで筋肉は変化するということです。話のつなぎ目が荒すぎて急に暑苦しくなりましたね(笑)

 

笑ったりする程度の負荷で筋肉の形が変化するのであれば、筋トレもそれほど大きな負荷は必要ないということが分かります。こんな些細な負荷でも定期的に与えられると筋肉は反応してくれます。要するに継続することが最強ということです。1日に10キロメートル走っても1ヶ月しか続かなければ長い人生の中でみてみると一瞬にも満たない意味のない行為です。ならば1日10分歩くことを1年続けた方がカラダの変化という面においては効果的でしょう。

 

コレは筋トレだけではなく、何か新しい習慣を始めようとするときにも同じことが言えると思います。ちょっと物足りないくらいでいいんです。毎回満足するまでやってしまうとやがて疲れてやめてしまいます。彼女ができて好きな気持ちのままに毎日会っていると、やがて会いたい気持ちが薄れてく、みたいなことです。(※筆者経験談引用)

 

表情筋においても、知らないうちに負荷が長期間かかり続けて、結果筋肉が反応しているわけですから、カラダを変えたい、など何か新しいことにチャレンジする場合は、カラダが気づかない程度の負荷というのを目安に取り組んでみてください。

最後に、30歳独身野郎が『いい夫婦』を語っていることについてはくれぐれもご容赦願います。

 

 

 

 

      ポギ金子

      BGCのセレンドラにあるパーソナルジム『ORANGE FITNESS CLUB』で

     トレーナーとして 活動。

     日本とは異なった環境でのダイエットやボディメイクの指導を行っている。

Translate »