フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

朝イチのコーヒーは危険!?

朝起きてまずコーヒーを飲む。こういったルーティーンで朝を過ごしている方は多いと思います。僕自身もそうでした。実際にコーヒーを飲むことで、カフェインによる脂肪燃焼効果や、覚醒作用によるリラックス効果などカラダに良い影響があります。ですがそれと同時にカラダへの良くない効果もあります。

 

大きく分けて2つ。1つはストレスホルモンと呼ばれる『コルチゾール』の分泌を抑える作用です。コルチゾールは筋肉を分解する作用があることから、少ないに越したことはないと筆者の私も思っていたのですが、朝は例外です。

 

朝、コルチゾールを分泌することによりカラダは血糖値と血圧を徐々に上昇させてカラダの起きる準備をしようとします。ですがこれを抑えてしまうとカラダの活動モードへと移行する工程を妨げてしまい、カフェインの覚醒作用に頼らないと起きられないカラダへとなる、すなわち『カフェイン中毒』へとなってしまう恐れがあります。

 

2つ目は『胃酸の分泌を促進される』ことです。これはコーヒーに含まれるクロロゲン酸という成分の作用で、朝の空っぽの胃袋に過剰に胃酸が分泌されることによって胃もたれ、腹痛、下痢などの症状になります。

 

 

 

 

筆者の私も朝のコーヒー肯定派でしたが、ある年齢を境に朝イチコーヒーを飲むと必ずお腹を下すようになりました。年齢を重ねると胃の免疫や耐性にも変化があるようで、コーヒーが原因であることを知りました。筋肉はあっても年齢の変化には勝てません。その変化に追従するよう食生活を常に考えていかなくてはいけません。

 

ではコーヒーをもう飲まなくなったのか?というとそうではありません。朝の空腹時にコーヒーを摂取すると上記のような悪い面があるだけで、飲むタイミングを変えるとこの悪い部分は解消され、むしろカラダにとって良い作用があります。

 

ではいつ飲めば良いのか?朝起きてすぐではなく、朝食後です。最低起きてから1時間は空けるようにしましょう。コーヒーには、冒頭で少し述べたとおり、ダイエット効果、アンチエイジング、集中力を高める作用、生活習慣病改善など多くの良い点があります。こう言った事実を知った上で飲み方に気をつけてコーヒーの良い部分のみを吸収しましょう!

 

 

 

 

      ポギ金子

      BGCのセレンドラにあるパーソナルジム『ORANGE FITNESS CLUB』で

     トレーナーとして 活動。

     日本とは異なった環境でのダイエットやボディメイクの指導を行っている。

Translate »