フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

痩せる鍵は満腹と満足の違いを知ること

私ごとですが、絶賛ダイエット中です。様々な体質がある中で私の体質は『太りやすい体質』です。これは遺伝によって左右されることなので、努力では変えがたい。ならその体質と付き合っていくしかないのです。

 

『痩せやすい体質』というのは内臓の機能が弱く、食べたものを上手く吸収できずに体外へと排出されます。よって食べても太りにくい。それに対して『太りやすい体質』は内臓の機能が活発で食べたものをすぐに吸収してしまうため、食べた分だけ身につきやすいのです。よって後者の方が筋肉も脂肪もつきやすい。

 

筋肉がつきやすいのは大いに結構ですが、ボクが目指しているカラダには脂肪はあまり必要ありません。ですがボクは食べることが大好きです。パーソナルトレーニングのインターバル中もずっと食べ物の話をしていることさえあります。(トレーニングはちゃんと指導しています笑)。

 

そんな中でボクが意識していることは3つ。『食べた以上に動く』、『食事のメリハリ』、『満腹ではなく満足する食事をする』です。

 

1つ目は単純です。走ってもないのにガソリンを入れて溢れた分が脂肪になるならガソリンを消費させればいいだけのこと。2つ目は、週に6日はキチンと摂生。週に1度だけ夜好きなものをたくさん食べます。人間は1日では太りません。オーバーカロリーを繰り返すから太るのです。3つ目は、今回の記事のタイトルですが、すなわちカラダが欲しがっている栄養を摂ること。

 

 

 

 

心とカラダでは求めている食事の量は異なります。心は弱いものです。特にダイエットをしているとエネルギーの量が制限されるため、心は必要以上にエネルギーを欲します。その欲にしたがっているとカラダは満たされているのにそれ以上に食べることになってしまいます。ですので耳を傾けるのはあくまでカラダの欲求。

 

週に1度の好きなものを食べる日には普段食べない揚げ物やジャンクフードを食べますが、しっかり味を楽しんで、カラダと心にエネルギーが満たされればそれでO K。ただ闇雲に味わわずにバクバクたらふく食べることはできるだけしないようにしています。そのため週に1度という頻度でこの『好きなものを食べる日』を設定しています。もちろんそうしない方が体重の減りは早いですが、どんどん心の欲が大きくなっていき、やがてその欲に負けて爆食いしてしまいます。ですので心の欲を敵に回すのではなく、上手に付き合っていくことがダイエットでは鍵になるということです。

 

自分を縛りすぎず、自分ルールをしっかり守ってダイエットすれば、ゆっくりだけど確実に進んでいくことができます。

 

 

 

 

      ポギ金子

      BGCのセレンドラにあるパーソナルジム『ORANGE FITNESS CLUB』で

     トレーナーとして 活動。

     日本とは異なった環境でのダイエットやボディメイクの指導を行っている

Translate »