フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

皮下脂肪と内臓脂肪の違い

今あなたのカラダについている脂肪は内臓脂肪か皮下脂肪、どちらだと思いますか?

今回はその特徴と見分け方、そしてそれぞれの脂肪の落とし方を解説します。

 

まず皮下脂肪と内臓脂肪の特徴について。

皮下脂肪は筋肉と皮膚の間に付着します。役割は体の保温や筋肉の保護。

内臓脂肪は言葉通り内臓の周りを覆うようにつく脂肪です。役割は、内臓の位置を保つことや、内臓同士のクッションになる役目です。

体型別での見分け方は、皮下脂肪が多くついている人は『洋ナシ体型』と呼ばれ、太もも、お尻に脂肪が多くついています。

内臓脂肪が多い人は『リンゴ体型』と呼ばれ、お腹が大きく膨らんでいて、胸や足はそれほど太っていないように見えます。更に特徴として、皮下脂肪は柔らかく表面からつまめるのに対し、内臓脂肪はパンと突っ張っているような感触です。

 

続いて、落としやすいのはどちらか?

内臓脂肪のほうが先にエネルギーとして変換されます。

皮下脂肪はしつこく最後までこびり付きます。

この違いは預金に例えられることが多く、内臓脂肪は簡単に引き出せる普通預金、皮下脂肪は引き出しに時間がかかる定期預金です。

 

 

 

 

次にそれぞれの脂肪の減らし方です。どちらの脂肪も、落とすためにはこれら全てが必要なのですが、強いて言うとすれば、

内臓脂肪を落とすには、『食生活の改善』です。やはり食べたものは直接内臓へ運ばれるので、余分な脂質、糖質を制限するだけでも内臓につく脂肪は防げます。

次に皮下脂肪を落とすには『筋トレ』です。皮下脂肪は筋肉と皮膚の間についているので、その部分に直接働きかけることで気になる部分の皮下脂肪を減少させることができます。

そして両方の脂肪を落とすのに共通していることが『有酸素運動』です。皮下脂肪、内臓脂肪ともにカラダに蓄えられた余分なエネルギーなので、それらをもとに運動することで減らすことができます。

 

体脂肪の少ないカラダになると、活力がみなぎってとカラダが研ぎ澄まされて清々しい気持ちになります。ですがこの感覚は体脂肪を落とした人にしかわかりません。世界の見え方が変わると言っても言い過ぎではありません。是非一度、この機会に脂肪が余分に蓄えられた自分カラダと向き合ってみてください。

 

 

 

      ポギ金子

      BGCのセレンドラにあるパーソナルジム『ORANGE FITNESS CLUB』で

     トレーナーとして 活動。

     日本とは異なった環境でのダイエットやボディメイクの指導を行っている。

Translate »