フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

お肉を食べてダイエット

 ダイエットに欠かせない食材「肉」。筋肉や肌、髪を作る上で欠かせないタンパク質を効率よく摂取できることはさることながら、他にもダイエットにおいてたくさんのメリットがあります。

 まず、肉にはほとんど糖質が含まれていません。主食である米、パン、うどん、パスタなどにはエネルギー源となる糖質が含まれており、これらのエネルギーが使用されずに余ってしまうと脂肪として蓄積されてしまいます。また糖質が多いため、血糖値が急激に上がり、インスリンが分泌され、脂肪を蓄えやすくなってしまいます。

 しかし糖質が低い肉なら脂肪が増えるのを防ぐことが出来ます。また、肉を食べることにより得られる満腹感のおかげで無駄な間食が減ります。空腹感によるストレスも抑えられるため爆食いの心配もありません。

 特に赤身には、アミノ酸の一種である「Lーカルニチン」という成分が含まれており、この成分は、体内の体脂肪を燃焼する効果があります。肉以外で、Lーカルニチンを含む食材はほとんどないので、是非肉から摂取しておきましょう。

 ですが、肉には脂肪が含まれています。肉の脂肪は飽和脂肪酸という種類の脂肪で、体温では分解されないため体に蓄積されやすい脂です。極力、ステーキのブヨブヨの脂は省いて、鳥の皮は剥ぐなどして、肉の脂肪は避けましょう。オススメの脂肪が少ない赤身肉は、豚や牛のヒレ肉、スネ肉、モモ肉など。見た目で白い脂の部分が少なければOKです。鶏肉の場合は胸肉がオススメですね。脂が少ないとパサパサして、味気ないと印象ですが、調理法次第で美味しく食べられます。

 赤身のステーキなら焼く前に叩いて、塩で揉み込むと柔らかくなりますし、鶏肉の場合は、塩麹などに漬け込んで、低温で焼くと柔らかく、味も深みがあって飽きません。1日の肉の摂取量の目安は約150g400g。肉だけ食べると便秘になりやすいので野菜などの食物繊維と一緒に食べましょう。また、食べる順番も野菜→肉→主食の順番に食べ血糖値の上昇を抑えましょう。

 ただ、ひとつ理解頂きたいのが、適切なトレーニングを行って、筋肉を残しながら、食事による無駄な脂肪の摂取を減らし、その上で肉を食べるとダイエット効果が上がるという訳で、肉を食べ続ければ痩せる訳ではありません。がっつりトレーニングを行い、がっつり肉を食べ、ストレスの無いダイエットライフを送りましょう!

Translate »