フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

インスリン感受性

何やら難しそうなこの言葉。この言葉はダイエットにおいても健康においても非常に重要なので、今回はこの「インスリン感受性」について説明します。まず、私たち人間は普段、ブドウ糖をエネルギーとして動いています。ブドウ糖とはいわゆる糖質、「ごはん、パン、イモ、砂糖」などに含まれています。そして食事から摂取したブドウ糖が血液中に溶け込んで、全身に運ばれることでエネルギーとして働き、脳、筋肉、内臓が機能しています。そして摂取した糖を全身に運ぶ際に登場するのが「インスリン」です。インスリンの主な働きは血液から糖を取り出し、筋肉、臓器へ糖をエネルギーとして運びます。同時に余分な糖を脂肪細胞として蓄積する働きもあります。簡単にいうと「糖の運び屋」って感じですね。インスリンは食事から糖を摂取したタイミングで、すい臓から出動します。血液から糖を取り出し各細胞へ速やかに運んで行ってくれますが、脂肪細胞にも運んでしまうので、インスリンがたくさん分泌されると、脂肪も増えやすくなります。高GI食品(血糖値の上がりやすい食品)を摂取するとインスリンが大量に分泌されるので、ダイエットの際に低GI食品(血糖値の上がりにくい食品)が良しとされているのはそのためですね。よく太りやすい体質、太りにくい体質と言いますよね?それにはこのインスリンが大きく影響しています。簡単にいうと、太りにくい人はインスリンが運び屋としての能力が優秀で、太りやすい人のインスリンは鈍臭い運び屋です。ですので太りにくい人は少数のインスリンでパパッと糖を運んでしまうのに対して、太りやすい人は、運び屋一人一人の能力が低いので過剰にインスリンが分泌され余分にエネルギーを脂肪として蓄積してしまうわけです。このインスリンの優劣を「インスリン感受性」と言います。ではどうやってインスリン感受性を上げるのか?それは、脂肪を減らすことです。インスリンの働きが悪くなる理由として、脂肪細胞から出る悪玉物質がインスリンの働きを邪魔しているのもあるので、脂肪が減ればインスリンの働きは改善します。エネルギーの過剰摂取をしない、高GI食品(砂糖、パン、白ご飯)から低GI食品(玄米、全粒粉パン、そば、オートミール)などに変え血糖値を上げずに過剰なインスリン分泌を防ぐ、また定期的な運動を習慣つければインスリンの働きは向上します。

Translate »