フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

タンパク質ってなに?

ダイエットを成功させるためには、筋肉をつけて基礎代謝を上げて、エネルギーを消費しやすい体作りをすることです。そして筋肉をつけるためには、適度な筋力トレーニングをし、高タンパクな食事を摂る必要があります。

ダイエットを志した方なら一度は聞いたことがありますよね?しかしまず、「タンパク質」ってなんなの?と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はタンパク質について説明していきます。

まず、人間の体の60パーセントは水分でできていますが、15〜20パーセントはタンパク質でできています。そしてこのタンパク質が、筋肉、臓器、肌、髪、爪を作る材料となります。この体を構成するタンパク質は日々作り変えられており、髪や爪が伸びるように、また筋肉や臓器も目には見えないですが、古くなった部分は体外に排出され、食事から摂取したタンパク質で新しく再生しているのです。

その為、トレーニングをしない人でもタンパク質を積極的に摂る必要があるのです。ですが、現代人の多くが分解と合成に必要なタンパク質の摂取量が釣り合っていなく、タンパク質が不足している状態なのです。ひと昔前までは、主食が肉、魚介類、卵類でしたが、現在はラーメン、ピザ、いわゆるジャンクフードが主食となってしまっていてタンパク質摂取どころか、脂質、糖質を必要以上に体に溜め込んでいて異常な体型となってしまっている人が増加しています。

では、どのくらいの量のタンパク質を食べれば良いかというと、トレーニングされていない一般の方は「成人男性60g、成人女性50g」、筋肉をつけることが目的の方であれば、自分の体重x 2gのタンパク質量が必要です。自分の必要なタンパク質量が分かれば、3食に分けて、肉、魚、卵、大豆、乳製品からタンパク質を摂るように心がけましょう。食事で補えない分は、最近はプロテインシェイクや、プロテインパンケーキ、プロテインバー、プロテインチップス、などがありますので、ひと昔前に比べてとてもタンパク質が摂りやすくなっています。 そして、最も大事なことは「継続することです」。過度な変化はストレスとなり続かないので、自分ができる範囲でゆる〜く、習慣を少しずつ変えてみてはいかがでしょうか?

Translate »