フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

バストを残して痩せる方法

今回は女性に焦点を当てたお話。痩せたいけど、バストはキープしたいという女性からの相談をよく受けます。「痩せる」という行為は体脂肪を減らす訳ですからもちろん脂肪であるバストも減ります。それに加えて胸の脂肪は他と比べても柔らかく、体温が高いため痩せやすい部位です。今回は、ダイエット中に出来るだけバストを残すコツを紹介します。まず、なるべく胸を揺らさないことです。運動中にジャンプ動作やジョギングなどで胸が揺れるとバストが小さくなる原因になります。

有酸素運動を行う際は、出来るだけ激しい運動は避けて、ランニングマシーンの傾斜を上げて歩くなどして、そこまで高くない負荷で、メラメラと脂肪を燃やすようにしましょう。また、スポブラやタイトなインナーなど着用して運動を行うのがオススメです。次にタンパク質の摂取です。これは筋肉をつけるという意味でも極めて重要ですが、バストを保つためにも欠かせないポイントです。体重kg x 1.5 〜2gのタンパク質を、鶏胸肉、ささみ、魚類からタンパク質を摂取できればベストですね!もし食事から摂ることが難しい場合はプロテインシェイクを間食として摂取しましょう。次に、大豆イソフラボンの摂取です。イソフラボンは、女性ホルモン「エストロゲン」に似た働きをしており、女性らしい体作りを助けてくれます。納豆、豆腐、きな粉、豆乳などからイソフラボンを摂取できます。最後に、一番大事なポイント、胸、肩の筋トレです。冒頭でも述べたとおり、やはりダイエットが成功すると胸の脂肪は減少します。しかし、しっかり筋トレを行なって、出来るだけ筋肉を残して、脂肪を優先的に落とせた場合、筋肉によって形が良くなり、ダイエット前以上に美しい胸のボリューム感を手に入れることができます。また、ダイエットによって脂肪が減っているとウエストも引き締まっている訳ですから、トップとアンダーの差でより美しく胸が強調させるようになります。年齢を重ねるとともに、筋肉も落ち、脂肪がついて垂れてきて、代謝も下がってどんどん太りやすい体になっていきます。頭の中では痩せなきゃと分かっているが、いろんな言い訳が邪魔してなかなか行動できない。そうしている間にどんどん自分が理想とした体とはかけ離れていきます。大事なのは最初の一歩の勇気です。正しい努力をすれば必ずカラダは変わります。是非1人でも多くの方に、体が変わる感動を体感して頂ければと思います。

Translate »