フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

太る原因は脂質でなく糖質

長年にわたって、「脂肪は太る」ということが多くの人に信じ込まれてきました。そのため「肉の脂なんて絶対残す」という人も多いと思います。脂肪こそが避けるべきものと教えられてきたからです。しかし、「脂肪は太る」というのは、食べたブヨブヨがそのままお腹につくと感覚的に思っているだけで、これは間違いです。最新の研究では脂肪はもっと摂るべきだし、脂肪を食べても太らないことがわかってきました。ですが人というのは長年信じ続けてきた事実を覆されるとすぐには受け入れられないものです。なので、なぜ脂肪を食べても太らないか説明していきます。

まず脂質を摂ると、「それがすぐお腹周りにつく」なんて人間のカラダは単純に出来ていません。脂質には必須栄養素としての大切な使い道があります。脂質は、人間の一人あたり約37兆個もある細胞を作るのに欠かせない栄養素です。細胞の膜はリン脂質という脂質をもとに作られており、しかも絶えず作り変えられているためその分脂質が必要となってきます。それに比べ多くの人は脂質が不足しています。平均摂取量は男性で74グラム、女性で56グラムです。これは細胞を生成する上では圧倒的に不足しています。なので現代人が脂質を多く摂ったところで細胞生成に全て使われて、余ってカラダにつくなんてことはありません。それよりも、糖質の摂取量は男性で平均400グラム(脂肪の5.4倍)なので、糖質こそ使われず余って脂肪に変換されカラダに貯蔵されます。さらに脂質には吸収されにくい性質があります。糖質はブドウ糖やアミノ酸に分解され、ほぼ100%完全に体内に吸収されます。しかし脂肪は水に溶けにくく腸から100%吸収するのが難しい栄養素で、食べ過ぎても全部体内に吸収されず便で出てしまいます。以上の理由から脂肪は必要以上に恐れることはなく、糖質を制限するという前提で脂質の摂取量を増やしてみてください。恐れるのは脂質ではなく糖質です。もし今の体型に不満を持っていたり、悩んでいる方は、昔から信じ込まれてきた糖質過多のせいかもしれません。一度自分の糖質摂取量を見直してみるのも手かもしれません。

Translate »