フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

幸せホルモン「セロトニン」

「キレイは中から」なんて言葉がありますが、どうやらそれは嘘では無いようです。どんなに容姿が整っていても、常にイライラしていたり、体調が悪そうだったり、暗い雰囲気だったりすると、魅力的には見えないものです。逆にイケメン、美人でなくとも、常に幸せそうで、明るくて、キラキラしている人はそれだけで魅力的に見えてしまうものです。これには、幸せホルモン「セロトニン」が大きく影響しています。幸せホルモンとは何なのか?「セロトニン」は脳内の神経伝達物質のひとつで、以下のような働きがあります。セロトニンは、睡眠ホルモン「メラトニン」の原料になるので分泌させると夜ぐっすり眠れるようになります。また緊張や興奮状態の際に分泌される「ノルアドレナリン」の働きを抑えるため、ストレスに強くなります。更に、「セロトニン」には鎮痛作用があるため、頭痛や関節痛を抑えたり、不安やイライラを抑え、精神状態を安定させる作用があるため、幸福感や満足感を感じやすくなります。ではどういったときに「セロトニン」は分泌されるのか?まず、規則正しい生活リズムを作ることです。セロトニンは日中に分泌されやすく、日没後は分泌が減ります。また朝日を浴びることでその日のセロトニンの分泌が始まるので、早寝早起きがセロトニン分泌に繋がります。次に定期的に運動を行うことで、セロトニンの分泌効果を高めると言われています。習慣的な筋トレやウォーキングなどの有酸素運動が、筋肉が増えたり、体脂肪の減少以外にもメリットがあるわけですね。またスキンシップを通じてセロトニンの分泌は促進されるとも言われています。家族、恋人、ペットなどとのスキンシップでセロトニンが分泌され、活性化されると、代謝や血行もよくなり肌のツヤ、ハリもアップします。更に心が幸せを感じていることから、自然と表情もイキイキしてきます。ここまで読んで頂いてる方には、わかる通り、高いエステに定期的に通わなくても、キレイは内側から作れます。美人やイケメンでなくたって、日常の小さな幸せを感じれるようになれば、幸せなオーラがその人を包み、とても魅力的に見えるようになります。規則正しい生活を心がけて、運動を習慣付けて、よく食べ、よく寝て小さなことにも幸せを感じる生活を意識付けると、幸せホルモンが内面からあなたをキレイにしてくれるはずです。

Translate »