フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

汗をかけば痩せる!?

「汗をたくさんかくほど痩せる」と思っている方は多いのではないでしょうか?これは間違いです。汗の量と消費するカロリーの量は比例しません。サウナスーツを着て有酸素運動、温度の高い部屋でのトレーニング、サウナへ入って汗を出す。これらの必要以上に汗をかく行為で痩せる訳ではありません。確かに汗をかくと体内の水分が失われるため、実際に体重が一時的に減ります。しかし、それは痩せているのではなく、ただ体内の水分が減っただけ。体内の水分が減るということは、カラダの機能が低下するため逆に脂肪を溜め込みやすくなります。私たちのカラダの一番多い割合を占めるのが水分です。基礎代謝を上げるために必要な、筋肉の70%が水分で、内臓の消化吸収や、エネルギーの代謝にも水分は必須です。体内の水分が減るということはこれら全ての代謝機能が落ちるということ。よって基礎代謝が低下し太りやすくなります。また、水分が抜けたカラダはスポンジ状態なので、水分や食事をとった際に通常以上にむくみが出たりします。よくありがちなのが、体重ばかり気にしてしまって、沢山汗をかいて体重が減って、痩せたと勘違いし、どんどん汗をかこうとして、水分の摂取も怠って、カラダの機能が低下し、汗を出にくくなり、自ら「痩せにくく、太りやすいカラダ」へ向かって行ってしまって、やがて体重も落ちなくなり、運動しているのに体重が減らないと、やけ食いしてリバウンドしてしまうケースです。ここまで体重を気にするのは、減量中のボクサーの方だけにしましょう。減量中のボクサーを想像してみてください。頬もこけて、パワーも出ない。水も制限して汗も出ない。でもトレーニングに励む。理想の体でいるためにこんな地獄のような思いはしなくてもいいです。彼らもそんな苦行は、計量をクリアするために行なっているだけで、計量後はハンバーガーを食べています。だんだんボクサーの話になってきたので話を戻します。汗をかく、という現象は、体温を調節するために起こるので、運動をすると汗をかくのは当然ですが、必要以上にかく必要はありません。体を引き締める時に大切なのは、どれだけ汗をかくかではなく、適切なトレーニングを行なって筋肉量を増やして、徐々に脂肪細胞を減らすことです。

Translate »