フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

筋トレするとモテる!?

今回のお題は男性必読です。「筋トレをすると女性からモテる」というメカニズムを説明します。「そりゃマッチョになればモテるんじゃないの?」と思うかもしれません。もちろんカラダが変化して、見た目でモテる要因もあります。ですがその他に、絶対的に「筋トレ=モテる」を説明できる科学的根拠があるのです。それはいったい何かと言うと、テストステロン、別名「モテホルモン」に関係した話です。テストステロンとは言い換えると男性ホルモンです。テストステロンは睾丸で作られ、性欲が増えたり、ヒゲ、体毛、筋肉の合成を促進させる作用があります。「モテホルモン」という名の通り、女性は本能的にテストステロンの量を見抜くことができ、テストステロンが多い男性に惹かれます。オスのネズミにテストステロンを注射するとメスのネズミが群がり出すという実験結果もあります。ですがこのモテホルモン、20代をピークに加齢とともに低下していきます。つまりこのテストステロンの低下が老化を招いてしまいます。ではどうすればテストステロンを増やすことが出来るのか?「筋トレ」です。筋トレで筋肉に負荷をかけることで、脳が筋肉を増やす必要があると判断し、筋肉の合成作用のあるテストステロンを分泌します。もちろん食事も重要で、「亜鉛」、「ビタミンD」を摂ることでテストステロンが増加します。亜鉛は別名「生殖ミネラル」と言われており、テストステロンを作る際に欠かせない栄養素で、筋肉などの組織に栄養素を運ぶインスリンの活性化にも貢献してくれるため、筋肉を増やす上でも欠かせません。カキ、ウナギ、牛肉などに多く含まれています。ビタミンDも同様にテストステロンを高める作用があり、筋肉量増加にも影響するとされており、押さえておきたい栄養素です。魚介類や卵また日光を浴びることで分泌量が増えると言われています。テストステロンはストレスを感じると分泌される、「コルチゾール」別名「ストレスホルモン」によって減少してしまいます。テストステロンが減少すると筋肉の合成効率が悪くなるので、筋トレに励んでいる人はストレスホルモンを嫌います。なので細かいことにイライラしません。優しいのです。筋トレしている人は、いいカラダをしている上に、男らしくて細かいことにイライラせず余裕があって何事にもドーンと構えている男性なのです。モテる男性像がイメージ出来てきましよね?モテるにはまず筋トレです!男性陣、筋トレしましょう!

Translate »