フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

筋トレとダイエットの違い

最近はフィットネスブームと言っても過言ではないくらいフィットネスが流行しており様々な情報がSNS、YouTube、書籍などを通じて出回っています。その中でも「ダイエットには筋トレが必要」という言葉は、数多くの場面で取り上げられており皆さんもなんとなく頭で理解していると思います。ですが、この2つの言葉。「筋トレ」と「ダイエット」は全く別物なのです。脂肪の少ない引き締まったカラダを目指す上で、この2つの違いをしっかり理解しておく必要があります。まず「筋トレ」という行為は筋肉を発達させる作業です。今ある筋肉にしっかり負荷を加えることで脳が「今の筋肉のままでは、この環境では生きていけない」と判断し、成長ホルモンを分泌します。そして筋肉が成長するのに必要な栄養をしっかり摂取できている場合に限って筋肉は成長します。筋肉の成長=筋肥大(筋肉が大きくなること)です。筋トレを始めた女性の方で「足や腕、肩が太くなった」と言われる方がよくいます。それは上手く筋トレが行えており筋肉が成長している。つまり筋肥大が起きているわけです。ですが鍛えた筋肉の上に脂肪が乗ったままなので太くなるのです。女性の方は「引き締めて細くしたかったのに、太くなってしまったら嫌だ」と言うはず。そこで登場するのが「ダイエット」です。ダイエットという行為は、摂取カロリーを消費カロリーより低くして、体重を落とすことです。ここで注意しなくてはいけないのが、本当に落としたいのは体重ではなく体脂肪です。体重だけ落とすならボクサーの減量の様に、食わず飲まずでひたすら走ればいいのです。ですがそんなことすれば筋肉が減ってしまいます、理想のダイエットはいかに「筋肉を残して脂肪を落とすか」です。筋肉というのは脂肪よりも体積が小さいので、筋肉を残して脂肪を落とすことができれば、筋トレ前よりも筋肉量は増えているのに以前よりも引き締まって細く見えるのです。この違いを理解することで「筋トレ=太くなる」という間違えた答えには至らないはず。筋肉は自分が思っている以上に太くなりすぎるということはありませんので、男性も女性もがっつり筋トレして大丈夫です!きちんとダイエットして脂肪を落とせば引き締まった筋肉が見えてきてカッコいいカラダになれるはずです!

Translate »