フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

糖質は敵じゃない

ダイエットを始めるとき、多くの方がまず頭に浮かぶもの「糖質制限」。極端な糖質制限をして、結局ストレスに耐えきれずリバウンドしてしまうケースが多々あります。正しいダイエットとは、糖質と上手く付き合うことです。決して糖質をほとんど摂らないことではありません。

今回は、「糖質は敵じゃない」ということを皆さんに理解して頂きたいです。まず糖質を制限し始めた時にカラダに起こる症状は、体重が数キロ、ガクンと減ります。ですが、これはカラダから水分が抜けて体重が減っただけです。

糖質を摂取すると、グリコーゲンというエネルギー源がカラダに貯蔵され、その際に水分も一緒に蓄えられます。よって、糖質をカットするとカラダから水分が排出されます。

また、人間のエネルギー源である糖質をカットすることで、カラダは筋肉を分解して、体内からエネルギーを生み出そうとします。結果、大幅に筋肉を失ってしまいます。最初に体重がガクンと落ちますが、水分が抜けると減りがストップし、筋肉が減っているため、代謝も下がりカラダは脂肪を蓄えやすくなります。筋肉が落ちているため、体重は減りますが脂肪は減らないため、カラダの見た目は一向に良くなりません。あくまで、ダイエットの目的は体重を減らすことではなく、体脂肪を減らして引き締まったカラダになることです。

では、脂肪を燃やすには?脂肪は分解されないと燃えません。分解にはリパーゼという脂肪分解酵素が必要で、このリパーゼは酸素が入ってくることにより呼び出されます。ですが、空気を吸っていれば良いのではなく、吸った酸素が血液に乗って細胞に運ばれたときに初めてリパーゼが働きます。この酸素を運んでくれる血液のエネルギーになるのが糖質です。糖質が無いと酸素を細胞に送ることが出来ないので、脂肪は燃えません。

では、その糖質をどのように摂取すれば良いのか。注意しなければならないのは、糖質を摂ったときの血糖値です。血糖値が急激に上がると、食べた糖質が体脂肪として蓄えられやすいため、ダイエットを始める際は、まず糖質源を、玄米、雑穀米、オートミール、ライ麦、全粒粉パンなどに置き換えてみてください。ネットで各食材の血糖値の上昇率(GI値)をチェックできるので、是非参考にしていただいて、出来るだけGI値の低い食材を摂取してください。

大事なことは、理想のカラダに向かいながら食事も楽しむことです。それには「制限」ではなく、「食材との上手な付き合い」が必要です。是非糖質とも上手く付き合ってストレスフリーなダイエットライフを送りましょう!

Translate »